【ステップ1】交通事故の慰謝料の相場を知りたい

交通事故の場合、慰謝料を含めた損害賠償額全体を算定していく必要があります。これは個々の交通事故に合わせて 計算していくべきものであり、当サイトでは別ページ・慰謝料の計算方法で詳しく紹介しますが、 大体の平均値と言うべき相場の額、つまり、加害者側の保険会社が主張する慰謝料の金額は、原則として自賠責保険基準や任意保険基準で計算してきた金額になります。

損害保険会社や弁護士会が交通事故の慰謝料の相場額の算出方法を公表しているのですね。

示談金は、交通事故被害者の全ての損害を金額に換算して(=損害賠償金)、被害者、加害者双方が合意した金額のことです。
被害者の損害の中には、治療費、休業損害、入院雑費、通院交通費などと共に、精神的な苦痛を金銭に換算した「慰謝料」も含まれます。
つまり、慰謝料とは示談金(損害賠償金)の一つの項目である、ということです。

交通事故の「慰謝料」は「示談金」の一部なんですね。

東京都がやってる交通事故相談所(03-5320-7733)at都庁第一本庁舎
まで、行ってきました。

損害保険会社から交通事故の慰謝料を提示されるときに、大幅に違う場合があるようです。相場を調べることと、市や県庁などで行っている無料相談に行って、第三者からも話を聞いたほうがいいですね。

「慰謝料の相場が知りたい」「妥当な請求額がわからない」「現在の提示額が妥当かどうか知りたい」という方は、オンラインによる「損害概算算定サービス」(9,800円)をご利用ください。

死亡事故のご遺族、後遺症等級の認定されている方、後遺障害等級の認定されていない方、の全てのケースに対応しています。

オンライン上で、現在の提示額がだろうかどうか調べることができるそうです。参考にしてみてください。

【ステップ2】交通事故の慰謝料を相場通りにもらう示談交渉

私は昨年なんと2回の追突事故にあったものです。
私と同じ追突事故の被害者の皆さま~~!!
保険会社の言い分とを信じて言われるままの金額を呑んでは行けませんよ。
相場を知らなきゃ、損ですぜ。
慰謝料の相場を知れば、百戦錬磨!

基本的には、交通事故にあった時には任意保険の担当者の方が示談交渉を行ってくれます。よくある話としては慰謝料や示談金などが相場より安いもしくは高いといった内容でもめることがあるようです。示談にならない場合は、裁判になります。

示談交渉の場において、最も懸念されることが、当事者間での交渉の際、知識がなかった(知らなかった)ということで、正当な権利まで放棄してしまっていた(または放棄させられてしまっていた)という状況が、実は頻繁に起こっているという事です。

交通事故にあったときに、知識がないために本来もらえるはずの慰謝料が相場よりも低かった……なんてこともあるのですね。予め調べておくことも大事ですが、場合によっては弁護士に依頼したほうがよいこともありそうですね。

有料で示談の代理人となって交渉をすることは、弁護士以外は禁止されています。ただし、保険会社の示談担当者が代理人となって交渉することは認められています。また、有料の場合ですので、無償で代理人となって友人等に代わって交渉することは禁止されていません。交通事故の示談交渉では、かつて示談屋が問題となったことがあります。これは、有料で相手と示談交渉するのですが、結果的には多額の費用を請求されるなど、絶対に利用してはいけません。(財日弁連交通事故相談センター(無料)などの機関を活用してください。

交通事故の示談交渉は「任意保険の担当者」もしくは「弁護士」のみと覚えておきましょう。第三者が代理で入ることがありもめる事例は多数あるようです。自分が第三者に依頼しないことはもちろんですが、もめないように必ず警察を呼んで事故証明を発行しておきましょう。中には強引に迫り相場を逸脱するような多大な金額の慰謝料を支払わせるケースもあるようです。

【ステップ3】すぐに病院へ行き精密検査をうけておく

「交通事故後、1週間後に首が痛み出した・・・」などというお声をたくさん耳にします。

  治療が遅れたために、後々、後遺症が残るケースもあります。

  検査費用も原則的に自賠責保険から費用がでますので、安心して行ってください。

交通事故にあった日から数日してからむちうちなどの症状がでてくる場合もあります。必ずすぐに病院へ行っておきましょう。こちらは相手の方が自賠責・任意保険に加入されていれば支払われます。(不幸にも入られていない場合は、おそらく慰謝料の支払いは絶望的です)慰謝料の相場をもらうためには、ぬかりなくしておきたいですね。

事故日から2~3日以内に病院に行きます。

どんなに遅くとも1週間以内には必ず行くようにして下さい。

そうしないと人身事故扱いにならず物損事故扱いになりますので、ものすごく受け取れる賠償金が少なくなります。
(人身事故にするには、医者に「警察へ提出するための診断書」を記載してもらい、それを警察署へ届ける必要があります)

金額にすると何百万円も損をする可能

交通事故にあったらすぐに病院へ行ってください。物損事故扱いになってしまうと、慰謝料がガクッと下がってしまうまたはもらえなくなります。また2か月後に症状が現れることもあるそうです。今は大丈夫でも診察を受けておきましょう。

故で病院に行った場合、治療費は誰が負担するのでしょうか?
 最終的には加害者(あるいはその保険会社)に請求できるとしても、病院としては診察を受けた被害者本人に対して治療費を請求するのが原則です。 ただ、病院によっては加害者の保険会社に直接請求してくれる場合もあります。

交通事故で病院にかかった場合、病院によっては保険会社へ直接請求をしてくれる場合もあります。しかし、いったん立て替えておいて後日慰謝料と一緒に振り込まれるというケースもあります。交通事故の場合は保険がきかないため高額になります。

【ステップ4】示談交渉をして交通事故の慰謝料を相場通りにもらおう

本来、被害者が受け取るべき適正な損害賠償金と保険会社が示談で提示する
損害賠償金の案には、大きな開きがあることが少なくない


多くの場合、保険会社が代理交渉をしてくれますが正当な慰謝料をもらえないことが多いようです。また過失0の場合は保険会社に交渉を依頼することができません。そのため自分で行うか、または弁護士特約をつけていれば弁護士に依頼するという方法があります。

先ほども説明しましたが、交通事故では、加害者は刑事訴訟を有利に進めるために、検察 や 警察 に示談書を提出したがることが多いので、できるだけ早くあなたと示談を締結しようとします。

あるいは、被害者本人が経済的に困っているという理由から、自ら慌てて示談をしてしまうケースもあります。

交通事故の示談が成立すると、後日体に不調が起きたり後遺症が現れても請求することができなくなります。なので慎重におこなう必要があります。しかしながら、体に全く異常がないというのならば、いつまでもダラダラ長引かせることは得策ではありません。(慰謝料の請求には時効があります)

関連するまとめ

交通死亡事故の加害者に待ち受ける刑罰とはどんなもの?

交通死亡事故で亡くなる方は1年間に4000人を超える昨今。自分だけが無関係だと思わず、いつ加害者になっても出…

ymym107 / 15666 view

原付の自賠責はコンビニで手続き!5ステップで簡単に!

今回は原付の自賠責についてまとめました! 譲り受けることや中古で買うことが多い原付なので覚えておくと良いでし…

じぇんほ / 3304 view

交通事故加害者のための、相談するべき弁護士事務所5選

もし自分が事故を起こしてしまったら・・・。今回は交通事故の加害者になってしまった時に相談するとよいと思われる…

yukichococo / 8070 view

法律相談は、まずは無料で賢く!5つの法律相談事務所

何かトラブルに遭遇した時、電話やメール等で無料で法律相談をする事が出来ます。しかし過剰に期待しない事です。と…

★ホーリー★ / 993 view

交通事故は弁護士に相談!大阪で365日相談できる弁護士

土日も交通事故の相談に乗ってくれる大阪の法律事務所をまとめてみました。

tokkyuuraga / 2046 view

自賠責保険解約でお金が戻る?自賠責保険の仕組みを解説

自賠責保険解約がどのような保険なのか、自賠責保険解約でお金が戻る事など自賠責保険についてまとめています。

masac1015 / 1875 view

本当に解決できる?無料相談で心得ておきたい3つのこと

交通事故の被害者となり、どうすればよいかわからない手続きもあると思います。保険会社との示談交渉にも不安をお持…

Juha / 1252 view

知らないと損をする!交通事故の過失割合の3つのポイント

自動車事故は双方に被害がありますが、過失割合が1割違っても金額が大きく違って来ます。出費額が数百万円単位で変…

attibon / 2281 view

平均的な相場はこれ!被害者に払う示談金の相場を紹介

たとえば交通事故などで相手に損害を与えてしまった場合、示談金で双方が納得すれば早期解決する場合があります。そ…

bacardi / 2662 view

初回無料で安心!交通事故の相談をするべき弁護士ベスト3

弁護士に頼むのは費用も掛かってちょっと……と思っていませんか?初回無料の弁護士ベスト3をまとめてみました。参…

マロン / 1245 view

頼るなら今でしょ!法律事務所に頼るべき交通事故事例5つ

交通事故が起きてしまうと、自分ではどうしようもないことも多いです。そこで頼りになるのが、法律事務所。実際の事…

oroishi / 2526 view

交通事故の相談は警察なら色々安心!相談窓口おすすめ5つ

様々な相談窓口についてまとめてみました。

loveup / 4382 view

大阪で弁護士を探すなら知っておきたい3つのポイント

日常の中で弁護士と話す機会がある人は、ほとんどいないのではないでしょうか。 弁護士に依頼をする時、どのような…

honono / 1168 view

事故の保険金、こうしたら得した!損した!4つの体験談

事故に遭った時の保険金、どうしてますか?保険会社に任せっきり? もしかしたら損をしているかもしれません!! …

naonaobear / 6349 view

だれでも簡単にできる!慰謝料の計算をする5つの手順

慰謝料ってどうやって決めているの?専門家じゃないとわからないと思いますよね。慰謝料の計算方法をまとめました。

マロン / 2212 view

弁護士に聞きました!交通事故の慰謝料の相場はいくら?

自賠責保険に任意保険、人身事故に物損事故・・・交通事故の慰謝料ってややこしく思いがちですよね。でも、知ってし…

ymym107 / 2139 view

知っ得!交通事故の示談金の相場の3つの基準と算出方法

そもそも示談金ってなんだっけ?と疑問に思う人も少なくないのでは?絶対に交通事故は起こさない!巻き込まれること…

yukichococo / 2675 view

意外と勘違いしやすい?代表的過失割合5つのパターンとは

車を運転しているほとんどの人にとって、事故は避けては通れないもの。もし事故が起こってしまったら、過失割合に従…

oroishi / 17191 view

入っていてよかった!交通事故のときに頼れる5つの保険

多くの人が経験する交通事故の場面。あなたは冷静に対処できますか?今回はそんな交通事故の際に頼りになる保険を5…

yukichococo / 1579 view

自賠責保険において被害者請求を行う2つのメリットとは?

交通事故に遭った時、相手の保険会社に言われるままになっていませんか?自賠責保険の被害者請求を知っていれば、後…

akinco01 / 1594 view

関連するキーワード