個人再生ってなに?

日本国の倒産処理制度の一つであり、民事再生法13章の規定に従って個人(自然人)債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいう。

個人再生とは借金で行き詰っている人の支援をする手続きの一つです。最近よく聞く過払い金請求などもその手続きの一つ。まとめて債務整理といいます。

債務の総額によっても変わりますが、おおまかに借金の80%はカットされ、原則負債は5分の1になります。

返済義務がなくなるわけではありませんが、これだけ大幅に減額してもらえるというのは大変ありがたいですよね。

返済額を減額し、3年間で返済していく個人再生計画案を立て、計画通りに返済できた場合は残りの借金の返済義務が免除されます。

個人再生のキーワードは「3年で返済」です。再計算したのちそれが実現可能かどうかで手続きを利用できるかどうか判断されます。

個人民事再生には(1)小規模個人再生と(2)給与所得者等再生の2種類の手続があります。

同じ個人再生の手続きなのですが、個人再生に比べると給与職者等再生はサラリーマン向けの手続きといえます。2種それぞれにまたメリット、デメリットが存在します。

給与所得者等再生とは,小規模個人再生を利用できる方のうち,給与等の安定した収入があり,収入の変動幅が小さい方が利用できる手続です。

個人再生が適用できる条件をクリアしてなおかつ、給与所得者等再生の条件をクリアした人が利用できます。他の債務整理から見ても狭き門と感じてしまいます。

他の債務整理との違いは?

個人再生は、借金の理由が何であれ利用することが出来ます。

自己破産の場合には、借金を作ってしまった理由がギャンブルなどの場合手続きを行うことが出来ませんが個人再生では手続きをすることが可能です。

財産を残しつつも借金の整理ができる。そこが破産手続との最も大きな違いです。

自己破産の場合には、支払いが不能であると言う事で手続きを行います。そのため、自己破産をして財産が残っているというのはおかしいのです。個人再生の場合には、支払いが「不能になる恐れがある」というその一歩手前での手続きになる為、財産を残したまま手続きを行うことが出来るのです。

個人再生は自己破産等のほかの手続きに比べて一番手間がかかるので、弁護士・司法書士への費用が高いのが実情です。

個人再生の手続きも、個人で行えないと言う事ではありません。ご自身で最後までやりとおせるという方はご自分でやられても問題ないのです。そうでない場合に、少しでも費用を安くしたいのであれば、その旨を相談し、必要書類の類を自分で用意するなどするとその分の費用は押さえられます。

個人再生は資格や就職に影響を及ぼしません。宅建主任者や警備員の方も手続が可能です。

自己破産の場合には職業の制限を受けてしまうことがあります。もしもその制限対象の職に就かれている場合には、その後の事も含め個人再生がいいのか自己破産がいいのか判断すべきと思います。

個人再生を利用した方がいい人ってどんな人?

生命保険など長年掛け続けてきた保険を解約したくない。

財産というと、家や車など固定資産をイメージしがちですが、保険などの将来的な権利も同等に考えて問題ありません。失いたくないなと思うものがある場合には、個人再生を利用するにかかわらずその旨を専門家に相談し自分にあった債務整理を行うのが良いと思います。

元本の減額は話し合いだと非常に難しいですが、個人再生ではそれが可能なので、利息が安い銀行や行政からの借入に対して向いている手続なのです。

消費者金融ではなく銀行からの借り入れが多い人は債務整理をしても効果を得られる割合が消費者金融よりも少ないようです。しかし、個人再生を適用すると利息だけでなく元本に関しても話し合いをすることが可能になる為、他の債務整理よりも有効的といえます。

個人事業などの経営を続けていきたい。

自己破産をしたからといって一概に廃業しなければならないと言う事はありませんが…、職業の制限や実際問題的に廃業においやられてしまうことがあります。仕入れ先を掛け(ツケ)払いにしていた場合踏み倒すわけですから信用はがた落ちです。個人再生の場合には、職業の制限もありませんし踏み倒しとはまた少し違いますので、立て直しは十分図れると思います。

自己破産をしても免責されない可能性がある人

自己破産を行う上でもやはり条件があります。それをクリアできないという場合には個人再生が最後の砦になるのではないでしょうか。

借金の総額が200万円以上である方

個人再生は他の債務整理よりも難しく費用が掛かってしまいます。借金で苦しんでいるからお願いするのに、費用込のその後の総額が元々の借金より多くなってしまっては本末転倒です。ご自分の場合はどうかと考える場合にはまず200万円を目安に判断するといいようです。

関連するまとめ

借金の相談はどこでする?1時間で解決、返済への最短方法

積もり積もった借金。。返しても返しても全然減らない。もう自分の力だけじゃ無理だからプロに相談したい!この状況…

海花 / 1251 view

【保存版】アプラスに過払い金の返還請求をする方法~3選

アプラスに過払い金の返還請求をする方法について見ていきましょう。

かど3 / 4765 view

【最低5年】自己破産後はクレジットカードが作れない!?

自己破産したのにクレジットカードが作れる方法なんてあるのでしょうか?

にこ / 2096 view

えっ?サラ金の踏み倒しなんてできるの?まず試したいこと

サラ金の踏み倒しなんて出来るの?!という愕きの「消滅時効援用」についてご紹介。どうしても返せない…という人は…

みゆき / 1944 view

5分で分かる借金返済のコツ!彼女と結婚したいなら読むべし

借金があるのを隠して大好きな彼女と結婚出来ますか…?結婚前に完済出来るように、借金返済のコツをまとめました!

にこ / 3226 view

個人再生を安くしたい!費用削減のための5つのポイント

債務整理の1つ、個人再生。債務整理の中では1番費用がかかるものだけれど、どうにかして費用を抑えることはできな…

出海 / 1389 view

【完全保存版】過払い金の計算方法~便利なソフト紹介

自分で簡単に過払い金を計算したい。そんな方のために便利なソフトをご紹介するとともに、実際に自力でやってみた方…

かど3 / 2862 view

破産しても支払いが無くならない!?破産法と免責の5項目

破産法を選択すれば、借金が帳消しになると思っていませんか?破産が認められない免責不許可事項を調べてみました。

出海 / 2006 view

私はこうやって返済しました!借金額と返済方法の事例5

実際に借金していた人の金額と返済方法の事例をまとめました。借金で悩んでいる方はぜひ参考にして下さい。

akinco01 / 1643 view

人のふり見て我がふり直せ!ブログで見る借金地獄の4事例

リアル借金地獄の事例をまとめてみました。

Sunflower08 / 9649 view

任意整理の方法とデメリット、相談すべき法律事務所まとめ

債務整理の中で自由度の高い「任意整理」。デメリットらしいデメリットがないとも言われていますが、やはりメリット…

alink0 / 1624 view

過払い金請求を相談をするならココ!比較ランキングトップ5

「払いすぎたお金は取り戻すことができます!」テレビやラジオなどでよく耳にする「過払い金請求」のCMです。過払…

bacardi / 2126 view

知っておきたい過払い金請求を自分で行う3つのデメリット

過払い金請求は自分でもできますが、実は弁護士に依頼する場合と比べ労力、手間、返ってくるお金の額など様々なデメ…

justinmeats / 4066 view

任意整理とは?3分で分かる!メリット・デメリットを解説

最近よく耳にするようになった任意整理。一体どういう手続きなの?メリットは?デメリットは?その疑問にお答えしま…

shufumari / 1174 view

闇金のトラブルを解決したい…貴方が頼るべき相談窓口5つ

闇金からの脅迫や取立てに困った時に、ぜひ見て下さい。解決に役立つ相談窓口を紹介します。

akinco01 / 1393 view

「クレディア」が破綻!借金や過払金はどうなるの!?

経営破たんしたところに過払い金返還請求ってできるのでしょうか?

かど3 / 2707 view

借金の利息を減らせる!苦しいと思ったら見て欲しい5項目

借金の利息はどうやって計算されるのか、借金の利息を減らすにはどうすればいいのか。そんなときのポイントをご紹介…

loveup / 2538 view

知らない人は損してる!闇金の金利に関する5つのポイント

闇金の金利はどのくらいになるのでしょうか?知らないと怖い闇金の金利について、知っておくべき5つのポイントを紹…

Sunflower08 / 3147 view

口コミから納得する、アヴァンス法務事務所の評判とは!?

債務整理などでCMなどで有名なアヴァンス事務所。ネットで見ると評判は賛否両論がありますが、実際の口コミを見る…

H.MURAKAMI / 2712 view

自己破産したローンはどうなる?破産後に使える3つのポイント

自己破産した後のローン処理に関して、よくある3つのローンをまとめてみました。

Sunflower08 / 1758 view

関連するキーワード