そもそも、民事再生手続って何?

倒産手続には,その基本となる破産手続の他にもさまざまな手続があります。その倒産手続の1つに「民事再生手続」があります。

この民事再生手続については,民事再生法という法律に定められています。

この民事再生法はその第1条で,「この法律は,経済的に窮境にある債務者について,その債権者の多数の同意を得,かつ,裁判所の認可を受けた再生計画を定めること等により,当該債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し,もって当該債務者の事業又は経済生活の再生を図ること」を目的とすることを定めています。

すなわち,民事再生手続とは,債務者が,自ら自己を再建させるための計画を債権者に示し,その再生計画について債権者の同意を得て,さらに裁判所の認可をもらい,その計画に従って,経済的更生を図っていこうという手続です。

簡単に言えば、経営に行き詰った企業を立て直すことです。

民事再生手続は、資金繰りに行き詰まるなどした会社が、債務の弁済を停止した上で、裁判所が選任する監督委員の監督のもとで事業を再建させる法的手続です。

再建するためにしっかりとした指導もつきます。

(1)債務者等に経営権を残すことを原則としながら、債権者保護のために経営権を奪うこともありうる、(2)担保権は原則行使自由としながらも、一定の制約を課すことも可能、(3)営業譲渡や減資が行いやすい、(4)債権確定手続きの簡略化(簡易再生)、(5)管財人などの設置が任意、などの特徴がある。柔軟性に富んだ手続きといわれ、施行以降、民事再生手続きは急増し、00年7月には「そごう」にも適用された。

民事再生手続は迅速に経営を立て直す手段でもあります。

1.将来的に借金が支払えることが前提

民事再生手続きを利用することができるか否かの最大のポイントは、以下の点です。

・営業利益で黒字となることができるか否か

民事再生手続は債務を支払えることが条件となるようです。

再生手続開始の原因とは、債務超過や、手形・小切手の不渡りによる銀行取引停止など破産手続開始の原因となる事実のほか、それに至らない程度でも、今債務を弁済してしまうと事業継続が著しく困難となってしまうような場合を指します。

ちなみに、民事再生手続は個人でも法人でも可能なようです。

申立てができるのは以下のような場合です。

Ⅰ.破産の原因となる事実が生じるおそれがあるとき

Ⅱ.事業の承継に著しい支障をきたすことなく弁済期限にある債務を弁済することができないとき

民事再生は申し立てる際にも条件があります。

例えば、利息制限法で引き直した結果の債務が1,000万円の場合、200万円を3年で返済するという再生計画案が裁判所によって認可され、3年で返済が完了すれば残りの800万円が免除される手続です。

個人のとき、法人のときは支払い等は違いますが、基本的な流れは概ね同じです。

2.民事再生手続できるかどうかは多数決

民事再生手続では、債権者集会の決定は多数決で行われます。再生計画が賛成多数で可決されると、その内容で法律上問題がない場合、裁判所が認可決定というものを出します。

つまり、必ずしも民事再生手続ができるというわけではないので注意が必要です。

裁判所は申立から1週間程度で、手続き開始原因と申し立て棄却事由がないかを審査し、手続開始決定を行います。開始決定と同時に、債権届出期間、債権調査期間を定め、これを開始決定主文と共に公告し、さらに知れたる再生債権者に通知することとされています

審査は再生計画提案が必須になります。

また再生会社が債務超過の場合において、事業譲渡が事業の継続に必要である場合には、株主総会決議(会社467条1項)に代えて裁判所の許可(民再43条)により事業を譲渡することもできます。

簡単に言えば、民事再生手続きには裁判所の許可が必要です。

3.民事再生手続きをすると経営陣は退陣する必要はなくなる

民事再生の手続が開始されても、原則として経営陣は引き続き経営を行なうことが可能です。
但し、経営陣はそのままでも、裁判所により監督委員が選任されることが多く、重要事項については監督委員の同意が必要となります。

民事再生手続は再生をするために監督が選任されます。

再生債権者全体の利益を適切に代表すると認められる場合、裁判所は債権者委員会が再生手続に関与することを承認できる。

民事再生手続の経営を再建する場合、監督者は利益を上げられる方を選任します。

関連するまとめ

実録!自己破産した後の生活で知っておくべき制限事項BEST3

自己破産した後の生活について、知っておくべき制限事項をまとめてみました。

Sunflower08 / 1799 view

【完全保存版】過払い金の計算方法~便利なソフト紹介

自分で簡単に過払い金を計算したい。そんな方のために便利なソフトをご紹介するとともに、実際に自力でやってみた方…

かど3 / 2586 view

親の借金は子供に返済義務がある?それとも義務はない?

借金は、いつどこで作られてるか分かりません。自分はしていなくても親が借金をしていていたら…?借金を肩代わりし…

ubukata.m / 2713 view

債務整理のデメリットとメリット、7つの具体的内容とは?

債務整理って聞いたことはあるけれど・・・一体どういうもの?今回は債務整理っての種類とデメリット・メリットを見…

shufumari / 1132 view

闇金業者は逮捕されない!?闇金業者一斉摘発までの仕組み

闇金業者が一向に減る気配もなく、むしろ被害者はどんどん増えている現状。理由は一つ、闇金業者に対し警察官が足り…

nyannyan_21 / 6203 view

【着実に取り戻したい過払い金】クレディアならどうなる?

クレディアから過払い金を取り戻せますか!?

かど3 / 1796 view

新宿司法書士事務所の評判・口コミについて調べました

債務問題を専門に行う司法書士法人新宿司法書士事務所の評判を集めてみました。

masayarn / 5043 view

借金返済にはコツがある!?借金のタイプ別に5つを紹介!

人生の中でまったく借金をせずいられるということがないくらい様々なところでしている借金ですが、借金返事のちょっ…

loveup / 1802 view

「クレディア」が破綻!借金や過払金はどうなるの!?

経営破たんしたところに過払い金返還請求ってできるのでしょうか?

かど3 / 2372 view

お金が戻って来るかも??グレーゾーン金利ってどういうもの?

グレーゾーン金利とは何か知っていますか?お金が戻ってくる可能性があるんです!グレーゾーン金利について色々まと…

にこ / 1255 view

過払い金を請求しよう!法律事務所を選ぶ3つのポイント

過払い金を請求したいのに、どこに頼んでいいかわからなくて悩んでいるあなたへ。過払い金のあれこれや法律事務所を…

akinco01 / 2382 view

自己破産検討中の方必見!弁護士費用と裁判所費用を説明

多額の借金を抱えて、自己破産をしようかと悩んでいる人の為に、自己破産にかかる弁護士費用などをまとめました。

出海 / 1231 view

遺産が連れてきたトラブル!借金まで相続されるって本当?

遺産相続したと思ったら、実は多額の借金まであったという話もよくあります。相続にまつわる借金やトラブルについて…

出海 / 1051 view

個人民事再生の長所&短所、頼れる5つの法律事務所を紹介!

企業などの倒産で耳にする民事再生という言葉。民事再生には個人向けのための個人民事再生というのがあるそうです。…

bacardi / 1517 view

闇金からの被害を解決しよう!365日、24時間メール相談中!

どうしてもお金が必要で、闇金からお金を借りてしまって、悪質な取り立てや返済に悩んでいる。あなたの悩み事や困り…

ともみ / 2161 view

ギャンブルで借金を抱えた人が一からやり直す3つの方法

競馬、麻雀、パチンコ、スロット、 競輪などなどギャンブルを理由に借金苦に陥る方がたくさんいます。 一人で悩ま…

bohemianrhapso1 / 3315 view

ギャンブルで作ってしまった借金を返済する意外な方法3

ギャンブルで作ってしまった借金。人にも言いづらいし、ギャンブルをやめるのもなかなか難しいものです。今回は借金…

まろこ / 2079 view

関連するキーワード