そもそも、民事再生手続って何?

倒産手続には,その基本となる破産手続の他にもさまざまな手続があります。その倒産手続の1つに「民事再生手続」があります。

この民事再生手続については,民事再生法という法律に定められています。

この民事再生法はその第1条で,「この法律は,経済的に窮境にある債務者について,その債権者の多数の同意を得,かつ,裁判所の認可を受けた再生計画を定めること等により,当該債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し,もって当該債務者の事業又は経済生活の再生を図ること」を目的とすることを定めています。

すなわち,民事再生手続とは,債務者が,自ら自己を再建させるための計画を債権者に示し,その再生計画について債権者の同意を得て,さらに裁判所の認可をもらい,その計画に従って,経済的更生を図っていこうという手続です。

簡単に言えば、経営に行き詰った企業を立て直すことです。

民事再生手続は、資金繰りに行き詰まるなどした会社が、債務の弁済を停止した上で、裁判所が選任する監督委員の監督のもとで事業を再建させる法的手続です。

再建するためにしっかりとした指導もつきます。

(1)債務者等に経営権を残すことを原則としながら、債権者保護のために経営権を奪うこともありうる、(2)担保権は原則行使自由としながらも、一定の制約を課すことも可能、(3)営業譲渡や減資が行いやすい、(4)債権確定手続きの簡略化(簡易再生)、(5)管財人などの設置が任意、などの特徴がある。柔軟性に富んだ手続きといわれ、施行以降、民事再生手続きは急増し、00年7月には「そごう」にも適用された。

民事再生手続は迅速に経営を立て直す手段でもあります。

1.将来的に借金が支払えることが前提

民事再生手続きを利用することができるか否かの最大のポイントは、以下の点です。

・営業利益で黒字となることができるか否か

民事再生手続は債務を支払えることが条件となるようです。

再生手続開始の原因とは、債務超過や、手形・小切手の不渡りによる銀行取引停止など破産手続開始の原因となる事実のほか、それに至らない程度でも、今債務を弁済してしまうと事業継続が著しく困難となってしまうような場合を指します。

ちなみに、民事再生手続は個人でも法人でも可能なようです。

申立てができるのは以下のような場合です。

Ⅰ.破産の原因となる事実が生じるおそれがあるとき

Ⅱ.事業の承継に著しい支障をきたすことなく弁済期限にある債務を弁済することができないとき

民事再生は申し立てる際にも条件があります。

例えば、利息制限法で引き直した結果の債務が1,000万円の場合、200万円を3年で返済するという再生計画案が裁判所によって認可され、3年で返済が完了すれば残りの800万円が免除される手続です。

個人のとき、法人のときは支払い等は違いますが、基本的な流れは概ね同じです。

2.民事再生手続できるかどうかは多数決

民事再生手続では、債権者集会の決定は多数決で行われます。再生計画が賛成多数で可決されると、その内容で法律上問題がない場合、裁判所が認可決定というものを出します。

つまり、必ずしも民事再生手続ができるというわけではないので注意が必要です。

裁判所は申立から1週間程度で、手続き開始原因と申し立て棄却事由がないかを審査し、手続開始決定を行います。開始決定と同時に、債権届出期間、債権調査期間を定め、これを開始決定主文と共に公告し、さらに知れたる再生債権者に通知することとされています

審査は再生計画提案が必須になります。

また再生会社が債務超過の場合において、事業譲渡が事業の継続に必要である場合には、株主総会決議(会社467条1項)に代えて裁判所の許可(民再43条)により事業を譲渡することもできます。

簡単に言えば、民事再生手続きには裁判所の許可が必要です。

3.民事再生手続きをすると経営陣は退陣する必要はなくなる

民事再生の手続が開始されても、原則として経営陣は引き続き経営を行なうことが可能です。
但し、経営陣はそのままでも、裁判所により監督委員が選任されることが多く、重要事項については監督委員の同意が必要となります。

民事再生手続は再生をするために監督が選任されます。

再生債権者全体の利益を適切に代表すると認められる場合、裁判所は債権者委員会が再生手続に関与することを承認できる。

民事再生手続の経営を再建する場合、監督者は利益を上げられる方を選任します。

関連するまとめ

パチンコで借金を作ってしまうのを直すために出来ること3

借金をしてまでパチンコに行ってしまうとしたら、それはもう病気です。でも、やり直す方法はあります!パチンコにも…

akinco01 / 1417 view

過払い金請求に強いのは?都内の法律事務所ベスト10

過払い金請求、債務整理が得意な都内の法律事務所を集めました!どうしようかなと考えている人は一度足を運んでみる…

alink0 / 1758 view

債務整理とは?知っておきたい2つのメリットとデメリット

債務整理とは多重債務者が新たな一歩を踏み出すための救済手段です。自分自身で管理し返済できるに越したことはあり…

alink0 / 1041 view

ダマされるな!闇金 解決・相談業者に隠された6つのウソ

一時期ほど世間では取り沙汰されていませんが、闇金からお金を借りてしまう人は少なからずいます。 そしてそういっ…

かど3 / 2076 view

これで納得!あなたが民事再生を行うための4つの条件

民事再生とは何でしょうか? どんな人が民事再生をすることができるか、まとめました。

nyannyan / 1263 view

任意整理とは?借金問題の解決方法の4つのポイントと対策

借りて、返して借りて…を繰り返す日々を送っている…。という方!返済に追われるだけでなく、きちんと向き合ってみ…

alink0 / 1429 view

債務整理は法律事務所にお任せ!費用が安い事務所ベスト3

いざ債務整理を相談してみよう、と思っても一体どこの誰に相談したら良いのかがわからない、という人も多いでしょう…

naoko90210 / 1354 view

知らないと怖い!自己破産した場合の保証人への影響3例

借金をする場合、連帯保証人を要求される事が多く、自己破産の際には連帯保証人についても考えておく必要があります…

DTC101 / 1934 view

短期無利息・即日借入・上限額多め…タイプ別金融会社一覧

短期無利息・即日借入・上限額多めなどなど、さまざまな金融会社を一覧でご紹介!自分にあった会社を見つけてくださ…

みゆき / 1948 view

債務整理をした後に住宅ローンを通る驚きの方法とは!?

気になっている方もいるかと思います。まとめました。

ことりさん / 1888 view

借金がチャラになる?借金の時効を利用する4つのポイント

借金をチャラにする、借金の時効を使った裏技をまとめてみました。

Sunflower08 / 1824 view

債務整理した後に住宅ローンを組むために必要な3つの条件

いつかは欲しいマイホーム。債務整理したらマイホームは夢のままで終わってしまうの?債務整理していても住宅ローン…

akinco01 / 1518 view

【保存版】自己破産後にクレジットカードをもつ方法~3選

自己破産の後にクレジットカードをもつ方法はあるのでしょうか? 情報を集めてみました。

かど3 / 1911 view

知ることが1番の防御!あなたの身近に潜む闇金業者の特徴

決して他人事ではありません。ほんの少しのつもりが、いつの間にか取り返しのつかない事態に陥ってしまう。普通の生…

nyannyan_21 / 2281 view

見分けたい!パチンコで借金を作ってしまう人の5つの特徴

身近な人がパチンコ大好き… 遊びだからと放っておくと、いつの間にか借金してまでパチンコにドハマりしていたりし…

nyannyan / 6035 view

専門家が教えます!今こそソフト闇金を理解しよう!

ソフト闇金とは?従来の闇金とどう違うのでしょうか? あらゆる状況につけ込んで来ようとするので細心の注意が必要…

かど3 / 1953 view

個人再生を安くしたい!費用削減のための5つのポイント

債務整理の1つ、個人再生。債務整理の中では1番費用がかかるものだけれど、どうにかして費用を抑えることはできな…

出海 / 1424 view

個人再生とは?知っておかないと損をする3つの手続き

個人再生をする際、ちょっとした手続きを知っているだけで損をしないって知っていましたか?今日はその手続きについ…

shufumari / 2018 view

過払い金にもある時効~自分は大丈夫かな?~債権の消滅期限

過払い金の返還請求をしようと思い立ったとしますね?でもちょっと待ってください、その債務いつからのものですか?…

かど3 / 1967 view

関連するキーワード