弁護士とは?

民事訴訟では、原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行う。破産や民事再生、会社更生法の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務を行い、関連する法律相談も行う

弁護士は、トラブルの際、法律で解決する法律の専門家です。

弁護士になるには、法科大学院課程を修了し、法務省の司法試験委員会が行う司法試験に合格し、その後、司法研修所に入所し司法修習を修了するのが通例である

司法試験の試験は難しく、合格するのは難しい

日本の弁護士数は、33563名(内、女性5900名)である。これは、アメリカに比べて低い値であるが、アメリカでは司法書士、土地家屋調査士、行政書士、税理士、社会保険労務士、海事代理士などが設けられていないことを考慮した場合、実際には低くない。[要出典]

日本では、弁護士は少ないと言われているが、海外と比べてもそれほど少ないということはない。

交通事故に遭った際に弁護士に依頼する3つのメリット

弁護士に依頼すれば解決します。つまり、保険会社とのやり取りは全て弁護士が行いますので、交通事故被害者は煩わしいやり取りを任せて治療に専念することができますし、治療後の示談交渉も全て弁護士が行いますから、自分で交渉する必要がなくなります

弁護士に任せてしまうと、交渉する必要がないため、ストレスがなくなる。

護士に依頼すれば、裁判所の基準で示談交渉しますので、被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額より大幅に増額できる可能性が高くなります。事案によっては、2倍以上の増額になるケースもあります。この賠償額の増額が、弁護士に依頼することの最大のメリットといえます。

保険会社もプロにため、専門家の弁護士に任せた方が、いいでしょう

法的な主張に対しては、被害者自身で反論することは難しいでしょうから、この点も弁護士に依頼することのメリットといえます。

法律の専門家である弁護士に法的なことは任せるべきである。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼することのデメリットは、弁護士費用がかかることによって、実質的に受け取ることができる賠償金が減るという点があります。

弁護士費用は、どうしてもかかりますので、注意が必要である。

弁護士費用特約に入っている方であれば、弁護士に依頼することにほとんどデメリットがありませんから、弁護士に依頼することをお勧めします。

自動保険加入時、弁護士費用特約に入っていくことをお勧めします。

後遺障害等級が付く事案であれば、弁護士費用をかけても、賠償額の増額によるメリットの方が大きくなる可能性が高くなります。

後遺障害特級がつかない事項であれば、賠償金より弁護士費用の方が高くなる可能性があります。

交通事故問題で弁護士を頼むタイミングはいつ?

交通事故に巻き込まれて被害者になってしまった場合、弁護士を依頼するのは早いほうが良いと言われています。基本的に法的知識が十分にある人であれば、問題解決までを弁護し抜きで行えないことはありません。

交通事故を起こした場合は、できるだけ早く弁護士に依頼しましょう

事故発生直後からその弁護士を雇って動いてもらうのもいいかもしれませんが、そうしたコネも伝手もなしに、慌てて弁護士を探して雇うのは、ちょっとオススメ出来ません

本人が怪我をして動けないこともあるので、家族や友人に探してもらいましょう

ホントに追い詰められてしまった状態で弁護士に頼むではなく、示談交渉で、保険会社の交渉人が登場した時点でこちらもすぐに弁護士を探し、少しでも早く信頼できる弁護士を雇った方がいいでしょう。

本当に信頼できる弁護士を探すことがポイントになります。

関連するまとめ

無料法律相談でちょっと得する上手な利用方法3つ教えます

相談したい。でも弁護士って高そう・・・そんな時は無料法律相談を利用してみてはいかがですか?今日は無料法律相談…

shufumari / 1696 view

交通事故で死亡した際に請求できる慰謝料の3つの項目

大切なご家族を突然の交通事故で失ってしまった場合、残されたご遺族は精神的にも大変なショックを受けられているこ…

Juha / 2171 view

むちうちの後遺症が残ったら…認定に強い弁護士事務所5選

交通事故で被害で多い、むちうち。後遺症が残ったら慰謝料を請求するために後遺障害認定が必要となります。高い等級…

kanokof / 2716 view

警察は決めてくれない!自動車事故の過失割合算定方法は

他人事じゃない!自動車事故を起こしてしまった、巻き込まれてしまった場合の過失割合についてまとめました。

shizuku / 2338 view

事故であとからくるむちうちに注意!気をつけるべき5項目

事故で自動車の追突、衝突などでなる「むちうち」。 今回は、事故後からくる「むちうち」について気をつけるべき5…

ubukata.m / 34562 view

交通事故後遺症の治療でおすすめする整骨院BEST5

交通事故による身体の負傷から後遺症が残ってしまい、その後の人生を大きく変えてしまうこともあるなんて嫌ですよね…

ubukata.m / 1534 view

初めて二輪・車に乗る人へ!自賠責保険が分かる5ステップ

免許とったぜルンルン\(^^)/ まず、自賠責保険をかけないといけない・・・らしい。えっ、それって何のために…

wa80100 / 1829 view

自賠責への慰謝料請求をする5つのメリットとデメリット

ある日突然、交通事故の被害者になってしまったら…。自賠責保険は、自動車を保有する人全てが入るので、加害者が任…

kanokof / 2176 view

交通事故での後遺症は怖い!むち打ちはなめちゃいけない!

交通事故でむち打ちになった場合、もし、あまり痛くないからと無視していると、場合によっては一生後遺症に悩まされ…

aquayuni / 17959 view

事故のトラブルは日弁連交通事故相談センターに相談!

交通事故でまさかのトラブル発生!こんな時、どうすればいいのかを調べてみました。

なると / 2812 view

弁護士費用はいつ払う?手持ちが心許ない時のポイント5つ

弁護士費用って、とっても高額なイメージですよね。 弁護士費用をすぐに払えそうにないけれど、弁護士に相談したい…

akinco01 / 5041 view

まさかの交通事故!弁護士費用特約を使った時の6つの流れ

交通事故の被害者の強い味方、弁護士費用特約を使った6つの実例!

tokkyuuraga / 5897 view

慰謝料ってこんなに高い!追突事故の高額項目相場トップ5

交通・追突事故の被害に遭った場合、あるいは追突事故を起こしてしまった場合、支払われる・支払う慰謝料はどのくら…

出海 / 4194 view

算定方法を解説!知っておきたい交通事故慰謝料計算の方法

交通事故の被害者になったら、かなりの精神的苦痛を伴うもの。もし自分自身が被害者になった時、やはり慰謝料はもら…

ubukata.m / 2020 view

どこを頼ればいい?みんなが選んだ東京の5つの法律事務所

困ったときに誰に相談しますか? 専門家に相談しますよね。頼りになる法律事務所5つをまとめました。

新井 大輔 / 3787 view

人身事故の被害者が請求できる損害賠償の金額っていくら?

人身事故。これからの人生。どのように生きていきますか? 損害賠償を請求し、強く生きて欲しいです。 そのための…

honono / 2428 view

交通事故の保険金!ほとんど知られていない3つの基準

もし不意に交通事故にあってしまったら!と考えると、傷の具合はもちろんですが、気になるのはこれからの生活です。…

kaerugto / 1717 view

交通事故の慰謝料請求、大事な弁護士選びの3つのポイント

交通事故に遭った!慰謝料請求をする際、味方になってくれるのは弁護士。失敗しない弁護士の選び方を紹介します。

naonaobear / 1373 view

交通事故の示談待って!示談金についての3つのポイント

交通事故時の示談金を適正に受け取る為のポイントをまとめました。注意点なども記載してありますので、参考にして下…

aquayuni / 2069 view

自賠償保険の現在の金額はいくら?車種・保険期間のまとめ

「自賠責保険」とはよく耳にしたり、ご自身が何気無く納めたりしているものですが、果たしてどんなものなのでしょう…

kaerugto / 1412 view

関連するキーワード