弁護士とは?

民事訴訟では、原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行う。破産や民事再生、会社更生法の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務を行い、関連する法律相談も行う

弁護士は、トラブルの際、法律で解決する法律の専門家です。

弁護士になるには、法科大学院課程を修了し、法務省の司法試験委員会が行う司法試験に合格し、その後、司法研修所に入所し司法修習を修了するのが通例である

司法試験の試験は難しく、合格するのは難しい

日本の弁護士数は、33563名(内、女性5900名)である。これは、アメリカに比べて低い値であるが、アメリカでは司法書士、土地家屋調査士、行政書士、税理士、社会保険労務士、海事代理士などが設けられていないことを考慮した場合、実際には低くない。[要出典]

日本では、弁護士は少ないと言われているが、海外と比べてもそれほど少ないということはない。

交通事故に遭った際に弁護士に依頼する3つのメリット

弁護士に依頼すれば解決します。つまり、保険会社とのやり取りは全て弁護士が行いますので、交通事故被害者は煩わしいやり取りを任せて治療に専念することができますし、治療後の示談交渉も全て弁護士が行いますから、自分で交渉する必要がなくなります

弁護士に任せてしまうと、交渉する必要がないため、ストレスがなくなる。

護士に依頼すれば、裁判所の基準で示談交渉しますので、被害者本人と保険会社とのやり取りで獲得できる賠償額より大幅に増額できる可能性が高くなります。事案によっては、2倍以上の増額になるケースもあります。この賠償額の増額が、弁護士に依頼することの最大のメリットといえます。

保険会社もプロにため、専門家の弁護士に任せた方が、いいでしょう

法的な主張に対しては、被害者自身で反論することは難しいでしょうから、この点も弁護士に依頼することのメリットといえます。

法律の専門家である弁護士に法的なことは任せるべきである。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に依頼することのデメリットは、弁護士費用がかかることによって、実質的に受け取ることができる賠償金が減るという点があります。

弁護士費用は、どうしてもかかりますので、注意が必要である。

弁護士費用特約に入っている方であれば、弁護士に依頼することにほとんどデメリットがありませんから、弁護士に依頼することをお勧めします。

自動保険加入時、弁護士費用特約に入っていくことをお勧めします。

後遺障害等級が付く事案であれば、弁護士費用をかけても、賠償額の増額によるメリットの方が大きくなる可能性が高くなります。

後遺障害特級がつかない事項であれば、賠償金より弁護士費用の方が高くなる可能性があります。

交通事故問題で弁護士を頼むタイミングはいつ?

交通事故に巻き込まれて被害者になってしまった場合、弁護士を依頼するのは早いほうが良いと言われています。基本的に法的知識が十分にある人であれば、問題解決までを弁護し抜きで行えないことはありません。

交通事故を起こした場合は、できるだけ早く弁護士に依頼しましょう

事故発生直後からその弁護士を雇って動いてもらうのもいいかもしれませんが、そうしたコネも伝手もなしに、慌てて弁護士を探して雇うのは、ちょっとオススメ出来ません

本人が怪我をして動けないこともあるので、家族や友人に探してもらいましょう

ホントに追い詰められてしまった状態で弁護士に頼むではなく、示談交渉で、保険会社の交渉人が登場した時点でこちらもすぐに弁護士を探し、少しでも早く信頼できる弁護士を雇った方がいいでしょう。

本当に信頼できる弁護士を探すことがポイントになります。

関連するまとめ

むちうちっていつ治るの?気になる治療期間の実例5つ

あなたは交通事故やスポーツ中の接触事故などが原因でむちうちになった経験はありませんか? また、将来もし交通事…

ra_fox / 27862 view

知っておきたい!自賠責保険で請求できない3つのケース

自賠責保険に加入したら何かあった時は請求できる? いいえ。違うんです! 今回は請求できないケースを3つご紹介…

ubukata.m / 2213 view

だれでも簡単にできる!慰謝料の計算をする5つの手順

慰謝料ってどうやって決めているの?専門家じゃないとわからないと思いますよね。慰謝料の計算方法をまとめました。

マロン / 2490 view

無料相談を賢く利用するコツ!弁護士に相談すべき3項目

まさか自分が交通事故に巻き込まれるなんて想定している方は少ないと思います。いざとなった場合、間に「弁護士」に…

kaerugto / 2107 view

交通事故の相談は警察なら色々安心!相談窓口おすすめ5つ

様々な相談窓口についてまとめてみました。

loveup / 5397 view

むちうちや頭痛や吐き気…ほっておくと怖い事故の後遺症

事故後の症状、軽い頭痛やめまいだからといって放っておくと危険なことに・・・!?

ymym107 / 24873 view

泣き寝入りしていませんか?人身事故の慰謝料重要点5つ

人身事故の被害者になってしまったら、体は痛いし、病院に行かなくてはならないのに、お金の心配のしなくてはならな…

mryamato / 3555 view

交通事故で後悔しないための被害者請求3つのポイント

交通事故に遭って怪我をしてしまったら、被害者請求することをおすすめします。被害者請求は、保険会社に任せる事前…

kanokof / 2501 view

まずは活用してみるべき!無料で相談できる法律相談所4選

敷居が高いと思われがちな法律相談所、今回は相談しやすい法律相談所をまとめました。

新井 大輔 / 1459 view

交通事故で受け取った保険金と税金の関係を詳しく解説

交通事故で受取った保険金に税金がどう関わってくるかご存知ですか?万が一のために知っておくと余計な心配がなくて…

takehiro3210 / 2541 view

弁護士を頼みたいけど費用が心配…安心の無料相談厳選5つ

全国対応で無料相談を行っている(無料を明確に表示している)弁護士事務所や、無料相談窓口、などをまとめました。

aquayuni / 2366 view

事故が起きてしまったら…すぐに行うべき4つの対応手順

交通事故による、初期対応や手順をまとめました。パニックにならずに落ち着いて対応するように心がけましょう。

aquayuni / 2058 view

平均的な相場はこれ!被害者に払う示談金の相場を紹介

たとえば交通事故などで相手に損害を与えてしまった場合、示談金で双方が納得すれば早期解決する場合があります。そ…

bacardi / 3201 view

分かり易く説明!交通事故における慰謝料5つのポイント!

知ってるようで知らない慰謝料を調べてみませんか?

ママさん / 1190 view

交通事故に遭ってからでは遅い!知っておきたい後遺症

もしも後遺症が残るような交通事故にあってしまったら。もしもの為に知っておきたいこと。

出海 / 1786 view

泣き寝入りしない交通事故の慰謝料請求の攻め方3ポイント

交通事故の慰謝料は、必ずしも十分な金額がもらえるとは限りません。それどころか、うまく相手に言いくるめられてほ…

oroishi / 15173 view

交通事故のトラブルでお困りなら弁護士の無料相談窓口へ

交通事故トラブルは自分で解決できる?弁護士へ依頼することのメリットデメリットを知り、弁護士の無料相談窓口を活…

shizuku / 1516 view

出張中に交通事故!控えておきたい大阪で頼れる弁護士5選

出張中に事故!?焦りますよね…そんな時に必見なまとめです。

yukina.h / 2871 view

追突事故の示談で損しないために心しておきたい3ポイント

追突事故は何の前触れも無く、突然やってきます。その際、加害者から「示談に応じてほしい。」と言われたら、あなた…

shufumari / 5615 view

知っ得!交通事故の示談金の相場の3つの基準と算出方法

そもそも示談金ってなんだっけ?と疑問に思う人も少なくないのでは?絶対に交通事故は起こさない!巻き込まれること…

yukichococo / 2921 view

関連するキーワード