■交通事故後は、全てにおいて初期対応が大事!

交通事故の治療への初期対応を誤ると、早い段階から適切なアドバイスを受けることすらできず、仮に症状固定時点で後遺症が残存していると主治医が診察しても、後遺障害として自賠責で認定してもらえるとは限らないのです。

アドバイスの例として、必要な時期に必要な検査を受けたり、有用な事実をカルテに記録してもらえなかったりする可能性がありますので、後遺症認定など色々な事に初期対応が肝心です!

早め早めに交通事故を専門的に取り扱う、交通事故に強い弁護士のアドバイスを受けて、可能な限り万全の態勢をつくることで、適正な後遺症認定を受ける確率をぐっとあげることが期待できるのです。

交通事故に遭ってしまった後は、後遺症認定もそうですが、何事にも早めの行動が一番ですね!

事故後の早い時期に、後遺障害等級認定も含めて交通事故案件を多く取り扱う弁護士などに相談して、どのような検査を受け、画像を取得するかなどの戦略(治療方針)を一緒に立てていく必要があります。

交通事故直後の治療方針を誤ってしまったがために、適切な交通事故の後遺症認定を得る機会を失うことすらあるので細心の注意をはらいましょう。

●「むち打ち」の場合

「痺れ」で後遺障害認定に望む場合、ほかの痛みに関しては「◯◯も痛い、△△も痛い」などと、あれやこれと主張しないほうが良いというケースもあるわけです。

交通事故でなった、あちこちの痛みや痺れを言うよりも、「どの箇所の、どのような症状について、一貫性をもたせつつ、説明の材料とするか」です。ここをしっかり考えることですね。

むち打ち症の交通事故被害者の場合にはMRIの画像がなければ14級という最低の等級すらつかないのが現実です。

後遺症認定を受けたいのであれば、個人の経営する整形外科医院に通院している交通事故被害者の方は必ず主治医にMRIの撮影をすることを求めること。

むち打ち等で神経症状が残った場合には、腱反射検査、スパーリング検査、ジャクソン検査といったような神経学検査が有用です。

交通事故で症状が残ってしまった場合に認定される後遺障害が異なってくる可能性があるので、後遺症認定など受け取りたいのであれば、治療の際は必要な検査をきちんと受けるということが大切。

●保険会社の話を鵜呑みにしないで!

はじめて自分が被害にあった交通事故では良い方向に取りはからってくれるのではないかという期待があることでしょう。しかし、このようなことはまずないと考えてください。
保険会社は、被害者のためには動きません。

特に、加害者が加入している任意保険会社と被害者が加入している任意保険会社が同じ場合は、自分自身が知識を身につけて、知識武装した上で、保険会社に対抗しなくてはならない。

後遺障害の等級の認定に関する知識に詳しく、「自賠責保険会社に対する被害者請求」や「後遺障害の等級の認定に対する異議申立て」について、専門的に、書類作成のサポート業務をされている司法書士の方が、対応できるケースも多くあります。

後遺症認定や、後遺障害の等級の認定が問題となる場合は、一般の弁護士よりも、専門的に業務をされている司法書士や行政書士に依頼した方がよい場合があるみたいです。

保険会社の好意を待っていてはいけません。交通事故被害者が頑張らなくてはならないのです。

「保険会社が悪い」ではなく、それも商売なんです。「助けてくれる。」なんて甘い考えはいけません。
後遺症認定などを受けたければ自分も頑張らなくてはいけないのです。

●主治医の前で油断しないこと

足が痛い、手が痛い。肩が痺れるなどと言っておきながら、医師の前で重いカバンを持ったりしていませんか?

「検査を受ける必要はない。時間が解決してくれるだろう。」そう思われても仕方のないこと。
主治医は後遺症認定などをしてくれるわけではなく、治療をすることが仕事です。

ケースバイケースですが、極力、事故と関係のない症状をその場で主治医に伝えないようにしましょう。

身体のいろんな部分に痛みや痺れがあるかと思いますが、その中で後遺症認定がとれる部分はある程度決まっているのです。

医師との信頼関係を築き、日頃から医師を信頼して最善の治療をしてコミュニケーションをとり、治らなかったときに、後遺症についての話をできるようにすることが重要です。

治療と後遺症認定の評価は、表裏一体の関係です。
信頼できる主治医と患者の関係を作ることが、治療でも後遺症の評価でも大切。

関連するまとめ

知っていますか?交通事故加害者が負うべき3つの責任

加害者になってからでは遅いです。今知りましょう!

zzgteam / 7346 view

交通事故の慰謝料を相場通りにきちんともらう5つの手順

交通事故にあったとき、相場通りに慰謝料をもらえず泣き寝入り……ということはありませんか。相場通りに慰謝料をも…

マロン / 5487 view

交通事故の慰謝料っていくら?弁護士に聞く慰謝料トップ5

弁護士に聞く交通事故にあった際の慰謝料額についてまとめました。

nyannyan / 1567 view

原付の自賠責保険が面倒を見てくれないポイント4つとは?

16歳から乗れる原付(原動機付自転車)は、小回りがきいて便利ですし、免許の取得も比較的簡単なので、軽い気持ち…

kanokof / 1889 view

慰謝料の計算に困ったら…プロに頼って電話1本で解決!

自賠責・任意保険・弁護士基準と慰謝料の計算方法は3つもあるので、普通の人には難しいですよね。適正な慰謝料を勝…

kanokof / 1199 view

泣き寝入りしていませんか?人身事故の慰謝料重要点5つ

人身事故の被害者になってしまったら、体は痛いし、病院に行かなくてはならないのに、お金の心配のしなくてはならな…

mryamato / 3112 view

むち打ちの慰謝料でできるだけ有利な請求をする材料3つ

特に後ろからの追突事故では、その衝撃により頭が前後に振られ、むち打ち症となってしまうことがよくあります。泣き…

oroishi / 10038 view

むちうちの治療費ってどれくらい?症状と治療費例5つ

交通事故にあってしまったら、首の調子がいまいちなんてことありますよね。小さな症状だからと言って我慢をしている…

新井 大輔 / 11650 view

知っ得!交通事故の示談金の相場の3つの基準と算出方法

そもそも示談金ってなんだっけ?と疑問に思う人も少なくないのでは?絶対に交通事故は起こさない!巻き込まれること…

yukichococo / 2672 view

後遺障害とは?後遺障害等級認定の仕組みを詳しく説明

難しく思える後遺障害等級認定の仕組みを、メリットとデメリットとともに詳しく解説します。

akinco01 / 1328 view

自転車保険は入るべき?甘く考えてはいけない自転車事故

自転車事故での高額な賠償が話題を呼ぶ昨今。自転車保険は必要なのか?そもそもどんなものなのか?自分にとって必要…

にゃおまま / 1441 view

通院を怠ってはダメ!通院日数で交通事故の慰謝料が変わる

交通事故の際に、被害を受けた場合、慰謝料の問題が発生してきますよね。 その時に、通院日数によって受けれる慰謝…

takehiro3210 / 26805 view

交通事故の慰謝料請求、大事な弁護士選びの3つのポイント

交通事故に遭った!慰謝料請求をする際、味方になってくれるのは弁護士。失敗しない弁護士の選び方を紹介します。

naonaobear / 1255 view

人身交通事故の交渉で不利に陥らないための3ポイント

交通事故には物損事故と人身事故があります。 けが人がおらず、物損事故と扱われたはずが、後に人身事故となる事も…

SAWA.HUE / 16763 view

交通事故の示談金で注意するべき3つの最重要ポイント

思いがけず交通事故に逢い被害者になってしまった・・・ こんなこと、人生の中でそう何度もあるわけではありません…

primitive0610 / 2478 view

交通事故での後遺症は怖い!むち打ちはなめちゃいけない!

交通事故でむち打ちになった場合、もし、あまり痛くないからと無視していると、場合によっては一生後遺症に悩まされ…

aquayuni / 16361 view

実際はどうなの?アディーレ法律事務所の交通事故での対応

交通事故に強いと言われている「アディーレ法律事務所」実際の対応や解決例、口コミなどをまとめました。アディーレ…

aquayuni / 13028 view

事故の保険金、こうしたら得した!損した!4つの体験談

事故に遭った時の保険金、どうしてますか?保険会社に任せっきり? もしかしたら損をしているかもしれません!! …

naonaobear / 6322 view

交通事故の入通院慰謝料の知っておくべき3つの基準!

もし自分や家族が交通事故に遭ったら!そんな想像ってなかなかしないかもしれません。筆者も実はそうだったのですが…

kaerugto / 1679 view

交通事故の際に傷害保険でもらえる慰謝料の相場とは?

様々な種類のある任意保険。中でも傷害保険ってこんなに便利なんです!

ymym107 / 2688 view

関連するキーワード