物損事故の注意点

物件事故とは、物を壊してしまった場合の事故の事で、人が怪我や死亡をする事故ではありません。
つまり、
交通事故を起こしたけれど怪我人や死者がいない場合には「物損事故」という事になります。

物損事故については、自賠責の適用はありません。任意保険の加入は大事ですね。

基本的に物損事故での慰謝料は損害として認められません。
なぜなら、慰謝料は精神的苦痛に対して支払われると定められているのです。
精神的平穏を害される事のない限りは慰謝料が認められる事はありません。

納得できないな、と思った場合は無料相談などで弁護士に相談してみましょう。

物損事故は、刑事処分も行政処分もいずれの処分も受けません
※建造物(住居・お店)へ突っ込んだ場合や当て逃げは別

大した怪我のない場合「しっかり賠償はするので、警察に診断書を出さないでくれませんか」などと、皆さん物損事故として収めたがります。

物損扱いで被害者が不利になる?

被害者側には物損事故にするとこんなデメリットがあります。
•後遺症が残っても逸失利益や慰謝料が支払われない。
•治療が長引いても後から損害賠償を請求できない。
•早期に相手側の損害保険会社に通院を打ち切られる可能性がある。
•警察は、民事不介入という鉄則のもと事故記録だけ書き込んで詳細な調査がされない。

加害者に誠意見られて物損とする場合、事故と怪我の関連性を認めた旨の念書を書いてもらうと良いでしょう。

時間が経ち通常の生活に戻ると、とたんに体の調子を崩す事があります。
この場合、物損事故から人身事故への切り替えをしなければなりません。

加害者に腹が立ったなどで、後から切り替えをする場合は、お巡りさんから小言を言われる事を覚悟しましょう。

保険会社が加害者と被害者は出来るだけ会わないようにと言ってくるそうです。

相手様は温厚で優しかったので私としては必ずお詫びはしたいと思っているのですが、一体どうすれば相手に失礼のないようお詫びが出来るのでしょうか・・・。

加害者になってしまった時、交渉事は保険会社さんに任せても、例え怪我人のない物損事故であれ、お詫びなどで誠意は示した方が良いでしょう。

人身事故の被害者となってしまったら

人身事故の定義とは、負傷者の診断書が警察に提出されて、警察が診断書を受理をした場合を言います。ここでの診断書とは、「交通事故によって受傷し何日間の加療を要する」という内容の病院書式の自由な診断書の事です。

加害者の誠意を受け入れた場合、診断書を出さないという寛容さを出しても良いでしょう。そういう場合は念書を書いてもらうと、万一後遺症が出た時に安心です。

人身事故に遭った際に、被害者 が 加害者 へ請求できる損害は、大きく以下の 4 つ に分かれます。

1.積極損害 ( 治療費など )
2.消極損害 ( 仕事を休んだ分の損害 )
3.慰謝料 ( 精神的・肉体的苦痛に対する損害 )
4.物損 ( 壊された物に対する損害 )

この 4 つ の損害を合計したものが、加害者へ請求する 「 損害賠償請求の金額 」 となります。

揉め安いのは純粋な部分の3.慰謝料ですが、4.物損では自分の車が全損した場合や「修理するなら買い替える」と言ったら結構揉める事もありますので注意が必要です。

自分が被害者になった場合もまずは警察に連絡し、相手の名前、住所、連絡先、車のナンバープレート、相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)などを確認しておきます。その後、事故現場を写真に撮るなどして証拠を出来るだけ残すようにしておくと良いでしょう。

交通事故時の連絡・優先順位(多少なりでも怪我人有りの場合)は、119番→110番→保険会社です。この3連絡が基本です、加入保険会社によっては、代理店の担当者が現場に駆けつけてくれる事もあります。

交通事故にあったらすべき事1

被害者・加害者に関わらず交通事故が起きたら、どんな種類の事故(人身事故や器物損壊など)であれ、まずは警察に連絡しなければいけません。法律で決められていることですから速やかに110番しましょう。

それなりにひどい怪我人が居たり、状態の悪い人がいる場合は、もちろん先に救急車を呼びます。

警察より事情聴取を受けた際は、できるだけ質問に正確に答えるよう努めましょう。
警察が取った記録は、裁判にて強い効力を発揮するためです。「~だったと思う」など曖昧な表現は避けるべきですが、事故直後で混乱して明確に思い出せない場合は、わからないとキッパリ答えましょう。
自分でも真実かどうか疑わしい発言が、そのまま記録されてしまっては大変です。

これはとっても重要な事です。この曖昧な発言のせいで、本来100:0(相手:自分)の過失割合が80:20など、自分にも過失が出てくる場合があります。

現場での加害者の証言内容を、しっかり記録しておくことが大事です。
事故当日はちゃんと自分の非を認めていたのに、数日経ったら手の平を返されることはよくあります。

きちんと青信号で渡っていたのに、赤信号で渡っていたそちらが悪い…などと言い張ってくるのが良い例ですね。

現場を写メで撮ったり、目撃者を見つけて連絡先を聞いておく、または現場検証に立ち会ってもらうのも有りです。その後、自分が加入している損害保険会社に連絡を入れましょう。

関連するまとめ

専門家に聞く、事故時の過失割合を決める5つの確認項目

事故時に決まる過失割合。その決め方とはどんなものなのでしょうか。専門家の説明をまとめます。これであなたも知識…

yukichococo / 2354 view

交通事故治療の整骨院の選び方!覚えておきたい3つの要点

交通事故により怪我をした場合、まずは大きな病院の整形外科にかかると思います。 その診断結果によって、通院しな…

SAWA.HUE / 2199 view

事故前3ヶ月給与から算出される交通事故休業損害金とは?

交通事故に遭われた被害者が、入院や通院のために仕事ができない状態に置かれた場合には、交通事故休業損害金が支払…

Juha / 7152 view

初回無料で安心!交通事故の相談をするべき弁護士ベスト3

弁護士に頼むのは費用も掛かってちょっと……と思っていませんか?初回無料の弁護士ベスト3をまとめてみました。参…

マロン / 1416 view

大阪の市区町村の交通事故発生率ランキングBEST5

運転が荒いと言われる大阪の交通事故ランキング。 一位はあなたの市町村だったりして?

Ayaka Ogino / 2446 view

自賠責保険解約でお金が戻る?自賠責保険の仕組みを解説

自賠責保険解約がどのような保険なのか、自賠責保険解約でお金が戻る事など自賠責保険についてまとめています。

masac1015 / 2204 view

知っておきたい!自賠責保険で請求できない3つのケース

自賠責保険に加入したら何かあった時は請求できる? いいえ。違うんです! 今回は請求できないケースを3つご紹介…

ubukata.m / 2216 view

後遺障害とは?後遺障害等級認定の仕組みを詳しく説明

難しく思える後遺障害等級認定の仕組みを、メリットとデメリットとともに詳しく解説します。

akinco01 / 1601 view

意外と知らない保険のこと…事故での通院あなたは大丈夫?

交通事故と保険、通院について、まとめました。交通事故で通院する場合、保険会社とのトラブルも多々あります。保険…

aquayuni / 10892 view

交通事故後遺症の治療でおすすめする整骨院BEST5

交通事故による身体の負傷から後遺症が残ってしまい、その後の人生を大きく変えてしまうこともあるなんて嫌ですよね…

ubukata.m / 1640 view

物損とこんなに違う!交通事故の人身事故における流れ

物損事故と人身事故の違いを知っていますか?人身事故のあれこれを紹介します。

akinco01 / 10908 view

交通事故の法律相談を弁護士に直接相談できる6つのサイト

突然起こる交通事故!弁護士に直接、交通事故の相談ができるサイトをまとめました。

tokkyuuraga / 1696 view

まさかの交通事故!弁護士費用特約を使った時の6つの流れ

交通事故の被害者の強い味方、弁護士費用特約を使った6つの実例!

tokkyuuraga / 6086 view

押さえておきたい交通事故で頼れる弁護士相談窓口厳選5つ

交通事故を起こしてしまったら、一体誰に相談すればいいの!? 今回はそんなとき頼れる弁護士窓口をご紹介します。

新井 大輔 / 3353 view

むち打ちの慰謝料でできるだけ有利な請求をする材料3つ

特に後ろからの追突事故では、その衝撃により頭が前後に振られ、むち打ち症となってしまうことがよくあります。泣き…

oroishi / 11972 view

慰謝料の相場ってどれくらい?申告に必要な5つのポイント

慰謝料の相場を算出する方法や、各基準により異なる慰謝料の相場をまとめました。

aquayuni / 1835 view

事故のトラブルは日弁連交通事故相談センターに相談!

交通事故でまさかのトラブル発生!こんな時、どうすればいいのかを調べてみました。

なると / 2936 view

加入義務付け損害保険・自賠責保険とは?6項目で説明

自賠責って…あの、車やバイクに乗るときに必ず入るやつでしょ??でも、よく考えたら、補償範囲とかよくわからない…

blue2104 / 1287 view

交通事故は弁護士に相談!手続きの5大ポイント教えます!

交通事故が発生し、弁護士に相談、依頼する手続きのポイントや、必要なものなどをまとめました。

aquayuni / 1231 view

交通事故で慰謝料請求されたときに注意すべき3ポイント

交通事故は思わぬ時に起きるもの。慰謝料も、かなりの額を支払わなければいけないかもしれません。そんなときに気を…

oroishi / 5069 view

関連するキーワード