葬儀費用や仏壇・墓碑の購入費用も慰謝料として請求できます

突然の不幸の中、ご遺族の経済的な支えとなる慰謝料

突然の不幸の中、ご遺族の経済的な支えとなる慰謝料

突然降りかかった交通死亡事故に、呆然とされているご遺族にも、次々と決めなくてはいけない葬儀の準備などがあります。急なことであれば、経済的に余裕がない場合もありますし、当面の生活費などにお困りのこともあるかもしれません。

死亡事故の際は実務上、火葬・埋葬費用、読経・法名料、御布施・供物料、葬儀業者の費用、花代、弔問客に提供する食事代、遺族自身の葬儀参列のための交通費、49日忌までの法要費等は、現実に支出した金額のうち、130万円~170万円の範囲で賠償が認められています。

葬儀費用に関しては、最低限の賠償が認められています。葬儀にかかる細かい項目が賠償内容に入っていますので、ご遺族には心強い保障です。葬儀の費用を忘れずに保険会社へ請求をしましょう。

死亡した方の遺族以外の関係者の葬儀参列のための交通費、香典返し、引出物代、49日忌を超える法要費等の賠償請求は認められていません。

死亡事故賠償の金額内であったとしても、賠償請求に含まれない細かい項目があるので注意が必要です。

仏壇・墓碑の購入費用については、葬儀費用とは別に賠償を認めた裁判例と、葬儀費用に含まれるとして別個に認めない裁判例とがあります。もっとも、葬儀費用とは別に賠償が認められる死亡事故のケースでも、支出した全額は認められず、社会通念上相当と認められる金額に限られます。

弁護士基準での慰謝料請求でも、仏壇や墓碑の購入費用は社会通念上相当で認められる金額に限られてしまうので、慰謝料としてすべての費用を請求するのは難しいでしょう。

遺失利益を請求できます

遺失利益=事故に遭わなければ得ていたはずの収入

遺失利益=事故に遭わなければ得ていたはずの収入

突然の事故で、収入が断たれてしまうこともあるでしょう。事故がなければ、亡くなったご家族が得ることができたはずの収入を遺失利益の計算基準を元にご遺族が受け取ることが保障されています。

逸失利益は示談のときに一括して支払われます。このことが計算をかなりややこしいものにしています。死亡事故逸失利益の実際の算定は以下の計算方法で行われます。

【死亡逸失利益】=【基礎収入】×【1-生活費控除率】×【就労可能年数に対するライプニッツ係数】

遺失利益で請求をする慰謝料については、年収に勤労が可能とされる年齢(67歳)を掛けた金額の全額が貰えるわけではなく、細かな設定がされた控除率を差し引かれた金額をご遺族は一括で受領します。

人が生きていると生活費がかかりますよね?もし収入があっても、そこから生活費を出していきます。年収まるまるもらえるとなると、かからないはずの生活費分ももらえることになってしまいます。

死亡過失利益の計算式に(1-生活費控除率)がありますが、生活費がどの程度亡くなった方の収入で賄われていたかによって控除率が変わります。
例えば、大黒柱だった方は扶養者1人で40%、2人以上で30%の控除率が引かれます。その他、年齢に関わらず男女差で控除率が違う設定となっており、独特の控除率の設定となっています。

ライプニッツ係数は、民法の利息で計算されます。
民法の利息は5%。
毎年5%の利息分が保険金の総額から引かれるということになります。

何十年先の給与分を一度に貰えるため、それを貯金しておけば利息がつくという前提のもと、その利息分を減らすという考えです。現在は、手付かずでそのまま貯金をしても5%もの利息はつかないのですが、法律で定められている係数なので仕方がないようです。

死亡慰謝料が請求できます

死亡慰謝料も保険基準によって支払額が全然違う!

死亡慰謝料も保険基準によって支払額が全然違う!

被害者が死亡事故に遭った場合、加害者が加入している保険によって支払われる慰謝料金額は大きく違います。
亡くなった方のご家族にとっては、加害者がどのような保険に加入をしていたかは関係のない話ですが、保険会社が提示をする慰謝料は加害者の加入保険基準となります。

保険金が高い順から
弁護士基準 > 任意保険の基準 > 自賠責保険の基準
もちろん保険会社がこういった被害者に有利なことを伝えるのは通常ありません。

上記の基準によって保障される慰謝料金額が違います。加害者が加入をしていた保険の基準に沿って、保険会社が示談金を提示してきますが、ご遺族が請求できる金額(弁護士基準)と提示額が等しいことはまずありません。任意保険(自動車保険)の基準は、各保険会社によって異なります。

問題なのが、ご遺族は「ここは大きな保険会社だから被害者に有利な金額を出してくれているのだろう」と思ってしまうことです。減額されていることすら知らないで示談書にサインしてしまう、これがほとんどだと思います。

今まで、示談金や慰謝料に無縁だった方は多いと思います。突然のことであれば、冷静にいろいろな事を判断するのは大変難しいでしょう。聞いたことのある保険会社だったら、当然信用をしたくなりますが、判断に自信が持てない場合には、迷わず相談をされることをおすすめします。

正当な弁護士基準で慰謝料を受け取るにはどうすればよい?

これは答えは簡単です。自分で裁判をするか、弁護士に頼むか、です。

大切なご家族を失って、ご遺族のお気持ちは慰謝料だけで収まることはないと思います。しかし、正当な慰謝料を受け取れないことで、ご遺族の生活が保障をされないという状況があってはなりません。

死亡慰謝料の支払い基準とは?

裁判所基準の要「赤い本」

裁判所基準の要「赤い本」

一般の方には馴染みのない赤い本と呼ばれる損害賠償額算定基準本は、各ケースによって、どのような慰謝料が支払われるのかが明記されています。交通事故の詳細を当てはめながら、弁護士が慰謝料の金額を算定しますが、実際に裁判となった時にもこの算定基準は重要視されています。

自賠責保険基準
本人 :350万円
遺族 :
請求権者1名の場合は本人慰謝料に加えて550万円
請求権者2名の場合は本人慰謝料に加えて650万円
請求権者3名以上の場合は本人慰謝料に加えて750万円
被害者に被扶養者がいる場合は上記金額に200万円を加算

請求権者は、被害者の父母と配偶者および子とされています。
被害者にご家族が多い場合でも、3名以上の金額となってしまいます。

裁判所基準(「赤い本」ベースの場合)
(遺族慰謝料を含んだ金額)

被害者が一家の支柱である場合 2800万円

被害者が母親・配偶者である場合 2400万円

その他の場合 2000万円~2200万円

裁判所基準とは、裁判になった場合に考えられる慰謝料の基準のことです。弁護士基準とも呼ばれていて、弁護士は裁判になる前の段階でこの基準での請求を行います。本人と遺族に対する慰謝料の合計額に歴然の差が生じています。

被害者の方がすでに亡くなっているため,加害者の一方的な言い分に基づいて判断され,被害者にも過失があると認められてしまう可能性があるのです。弁護士ならば警察から事故に関する証拠や目撃証言などの資料を収集し,正しい過失割合を判断することが可能です。

交通事故には双方の過失責任の割合があります。被害者の方の過失責任の割合が高ければ、慰謝料からその分が差し引かれて支払われます。被害者の方に落ち度がなかったとしても、被害者ご本人がお亡くなりになっていることで事実を確認することは難しい状況もあり得ます。

関連するまとめ

交通事故は弁護士に相談!手続きの5大ポイント教えます!

交通事故が発生し、弁護士に相談、依頼する手続きのポイントや、必要なものなどをまとめました。

aquayuni / 1189 view

交通事故の慰謝料…結構大きい弁護士基準の差額3ポイント

もしもあなたが交通事故の被害者になってしまったら…場合によっては加害者から慰謝料を請求することができます。し…

kanokof / 2592 view

慰謝料の計算に困ったら…プロに頼って電話1本で解決!

自賠責・任意保険・弁護士基準と慰謝料の計算方法は3つもあるので、普通の人には難しいですよね。適正な慰謝料を勝…

kanokof / 1390 view

交通事故で慰謝料請求されたときに注意すべき3ポイント

交通事故は思わぬ時に起きるもの。慰謝料も、かなりの額を支払わなければいけないかもしれません。そんなときに気を…

oroishi / 4931 view

事故発生から保険金支払いまでの流れを詳しく解説します

事故に合ってから調べていたらもう遅い。 今のうちにチェックしておきましょう。

Ayaka Ogino / 2308 view

頼るなら今でしょ!法律事務所に頼るべき交通事故事例5つ

交通事故が起きてしまうと、自分ではどうしようもないことも多いです。そこで頼りになるのが、法律事務所。実際の事…

oroishi / 2811 view

1割で大きく変わる!知っておくべき交通事故の過失割合

交通事故の示談がもめる最大の原因、「過失割合」。 1割で過失割合が大きく変わってしまうのです。 後からあれこ…

ubukata.m / 3331 view

弁護士費用はいつ払う?手持ちが心許ない時のポイント5つ

弁護士費用って、とっても高額なイメージですよね。 弁護士費用をすぐに払えそうにないけれど、弁護士に相談したい…

akinco01 / 5249 view

自賠責保険の被害者請求で押さえたい3つの支払い限度

自賠責保険は被害を受けた人からも請求できるって知っていましたか?万が一、事故にあった際、無駄な涙を流さぬよう…

shufumari / 1697 view

読んで得!交通事故の慰謝料相場と増額させる秘密を大公開

交通事故に遭った時の慰謝料の適正な相場を紹介します。

loveup / 3846 view

怖〜いむちうちの後遺症…後悔しないためのポイント5つ

交通事故で負ったむちうちの対処法を紹介します。

loveup / 2709 view

5つのケース別で見る、追突事故の慰謝料の相場はいくら?

慰謝料にどう違いが出るのか見ていきましょう。

uto / 72454 view

交通事故の相談は警察なら色々安心!相談窓口おすすめ5つ

様々な相談窓口についてまとめてみました。

loveup / 5298 view

いざという時頼りたい!交通事故に強い東京の弁護士5人

東京都内の交通事故に強い弁護士を選んでまとめました。急に起こった交通事故(東京)の際には、是非参考にしてみて…

aquayuni / 3195 view

交通事故の解決を弁護士に頼む時の相談料はどのくらい?

交通事故でトラブル発生。 弁護士に相談したいけど、相談料ってどのくらいかかるのか不安ですよね。 弁護士に頼む…

なると / 2067 view

交通事故は裁判にした方が実はお得?メリットとデメリット

交通事故を起こしてしまったら、もしくは交通事故に遭ってしまったら、みなさんはどう対応しますか? まずは保険会…

naonaobear / 18508 view

交通事故の示談金で注意するべき3つの最重要ポイント

思いがけず交通事故に逢い被害者になってしまった・・・ こんなこと、人生の中でそう何度もあるわけではありません…

primitive0610 / 2755 view

予約不要!法律相談が無料で受けられる人気事務所ベスト3

弁護士に法律相談した方がメリットが大きいのはわかるのですが 弁護士費用が高額で、なんとなく敷居が高いというイ…

primitive0610 / 5507 view

交通事故でのむちうち…慰謝料や示談金はいくらもらえる?

交通事故で多いむちうち。生活に支障をきたしたり、症状が長期化する ケースもあり、慰謝料や示談金について知って…

u-mo / 10318 view

追突事故の示談で損しないために心しておきたい3ポイント

追突事故は何の前触れも無く、突然やってきます。その際、加害者から「示談に応じてほしい。」と言われたら、あなた…

shufumari / 5565 view

関連するキーワード