9割が「高い」と感じるスマホ代

はじめに、スマホユーザーに「ご自身が1カ月にスマートフォン利用のために支払っている平均金額(1名分、端末代+データ通信費+通話料)」についてどう考えているのかをたずねたところ・・

ちなみに上のグラフです。

実際に支払っている月額料金は「7,000円以上8,000円未満」が23%と最も多く、次いで「6,000円以上7,000円未満」(19%)、「8,000円以上9,000円未満」(13%)の順となりました。

結構掛かりますよね。

新生活シーズンはスマホ代見直しのタイミング!?

ケイ・オプティコムが提供する「mineo」は、KDDI(au)ネットワークを利用したMVNOサービスとして提供する携帯電話サービス。テレビCMで「アリだぜ!」のキャッチフレーズを採用したことでもおなじみです。「

ベッキーなどの方を起用していますね。

「au 4G LTE」の高速通信に対応し、音声通話を含めた料金は業界最安値水準(1,460円/月、2015年2月現在)。MNP手続きがユーザー側で実施でき、即時切り替えできるスピード感も支持されるポイントです。

結構安くなります。

今回、「mineo」の月額料金をスマホユーザーに見ていただき、現在のスマホ利用料金と比較してもらったところ、なんと約7割が「今のスマホ料金より安くなると思う」と回答しました。

それが上のグラフです。次は「mineo」をご紹介致します。

mineoとは?

mineo(マイネオ)とは、ケイ・オプティコムが提供する、月々980円から利用できる格安スマホのことです。

格安スマホも選択の一つですね。

mineo(マイネオ)は、KDDI(au)の回線網を利用したMVNO通信サービスです。
端末は、Androidを搭載したDINGO M(京セラ製)を提供しています。

アンドロイドですね。

月額税別980円でデータ通信を利用できる「シングルタイプ」と、月額税別1,590円でデータ通信と音声通話を利用できる「デュアルタイプ」の2つの料金体系があります。

ご自身の利用形態で選びましょう。

携帯キャリア料金比較

docomoの料金について
新プランは基本プランが電話かけ放題のカケホーダイで2,700円(スマホ)。

3000円切りますね。

auの料金について
無料通話分はつきませんが、LTEプラン基本料が934円、LTEフラットのプランでは7GB制限で5,700円です。

7GBならこれぐらいですよね。

SoftBankの料金について
ホワイトプランは、基本料934円で7GB制限のフラットプランが5,700円。7GB制限2段階定額が2,000~6,200円です。

auと似た価格ですね。

関連するキーワード