●事故の当事者が行うべき3つの義務 その1

救護措置

加害者には被害者に対する救護義務があります。事故が起きてしまったら、まず119番や病院に連絡して救護措置を行います。

交通事故の場合は、加害者、被害者の別が簡単にはできないケースが多々あります。
自分が動ける状態であれば、まずは救護措置を行いましょう。

ただちに自動車の運転を停止し、人や物に対する被害状況を確認しなければなりません。

パニックになると思いますが、まずは落ち着いて運転をやめ、周りを確認です。

救護措置をせずに立ち去ってしまうと救護義務違反(ひき逃げ)として処罰の対象になります。
加害者になってしまった時は負傷者がいるかどうかを絶対に確認しなくてはいけません。

被害者が死亡していることが明らかな場合でも放置しないで、安全な場所に移動させてください。

●事故の当事者が行うべき3つの義務 その2

危険防止の処置

事故現場での第2、第3の事故を防ぐため、後続車に危険を知らせたり、誘導したりします。
また現場保存の為、警察が来るまでは、できるだけ事故車を動かさない方がよいですが、危険なときはもちろんその限りではありません。

可能な限り事故の証拠保全に勤めることが重要。

交通事故後の現場は、警察官が来るまでそのままにしておくことが原則ですが、交通量の多い道路なら危険防止のため、非常停止板を設置したり、発煙筒をたく、場合によっては自動車を道路脇に寄せることも必要です。

移動させる際、自動車の停止位置を確認しておくことを忘れずに!

大きな事故で自動車の破損部品が散乱してしまっている場合は、それらの障害物もできるだけ除去するようにします。事故当事者の人命救助よりは優先順位が下がりますが、できるだけ早くするべきことです。

二次的な事故発生の原因にもなるので、可能な範囲で除去を。

●事故の当事者が行うべき3つの義務 その3

警察への連絡

事故発生後、すぐに警察に連絡をしましょう。
交通事故に関して保険金を受け取るには、警察への届出が必須です。
警察への届出をしないままだと保険金が受け取れないことになりかねないので、必ず警察に連絡することが必要です。

加害者の運転者は、事故発生の日時.場所、負傷者の人数.程度などを警察に届けることです。

警察に連絡をすると、けが人の有無や、事故の状況、事故現場の住所等を聞かれることになります。
けが人のいる人身事故の場合、すぐに警察官が事故現場に駆け付け、車が衝突した場所について距離を測ったり、加害者、被害者、目撃者等から事故の状況について話を聞いたりして、「実況見分調書」を作成することになります。

事故によって重傷を負ってしまって、救急車で緊急搬送が必要な場合等には後日改めて事故現場に呼ばれて、実況見分を行うことも。

自分の起こした交通事故で、第三の車(間接原因車両)がいたときは、必ず車番などを記録しておきましょう。
間接原因車両の証拠を残し、強く主張することで共同不法行為となることもあり得ます。

そうなると加害者もですが、被害者の方も救われるので、お互いにいいですよね。

★警察への報告での「5つの項目」の報告義務

・事故が発生した日時と場所
・死傷者の数、負傷者の怪我の状態
・損壊した物と程度
・事故に関係する車両などの積載物
・行った処置

この5つが警察に報告する事です。

交通事故は加害者の一方的な過失だけでなく、被害者の過失、両者の過失、道路の欠陥など、他に原因があることが多々あります。その為、刑事責任や民事責任を追及される時に備えて、被害者側の過失や道路の欠陥などを裏付けできる資料を集めておきたいところ。

加害者だからといって、この時に「私の過失で…」と報告する義務はありません。

道路の状況や衝突・停車・被害者が転倒した位置、事故車両の損壊状態などを写真に撮ったり、スリップ跡の長さを測る、図面を作る、目撃者がいる時は一部始終の話を録音する、目撃者の住所や氏名、連絡先を聞くなど。

できるだけ資料を収集することが非常に重要ですよ!

関連するまとめ

慰謝料で困ったら!簡単3ステップで賢く弁護士に相談

一生に一度は経験するかもしれない交通トラブル!慰謝料を請求したい…そんな時どうしたらいいのか?

uto / 1113 view

無料法律相談でちょっと得する上手な利用方法3つ教えます

相談したい。でも弁護士って高そう・・・そんな時は無料法律相談を利用してみてはいかがですか?今日は無料法律相談…

shufumari / 1379 view

後遺障害とは?後遺障害等級認定の仕組みを詳しく説明

難しく思える後遺障害等級認定の仕組みを、メリットとデメリットとともに詳しく解説します。

akinco01 / 1172 view

交通事故のトラブルでお困りなら弁護士の無料相談窓口へ

交通事故トラブルは自分で解決できる?弁護士へ依頼することのメリットデメリットを知り、弁護士の無料相談窓口を活…

shizuku / 1156 view

交通事故や法律相談にありがちな3つの落とし穴と注意点

交通事故の賠償(慰謝料)は基本的に、自賠責・任意保険から双方の過失に応じて支払われます。 もし自分に過失がな…

SAWA.HUE / 2164 view

先ずは弁護士にご相談を!交通事故のいざこざを解決します

交通事故のトラブル 解決するには弁護士の力が必要です。弁護士に相談するひはどうすればいいか紹介します。

maboo1014 / 1296 view

まさかの交通事故!弁護士費用特約を使った時の6つの流れ

交通事故の被害者の強い味方、弁護士費用特約を使った6つの実例!

tokkyuuraga / 4912 view

知っていますか?交通事故加害者が負うべき3つの責任

加害者になってからでは遅いです。今知りましょう!

zzgteam / 6368 view

慰謝料の計算に困ったら…プロに頼って電話1本で解決!

自賠責・任意保険・弁護士基準と慰謝料の計算方法は3つもあるので、普通の人には難しいですよね。適正な慰謝料を勝…

kanokof / 1061 view

だれでも簡単にできる!慰謝料の計算をする5つの手順

慰謝料ってどうやって決めているの?専門家じゃないとわからないと思いますよね。慰謝料の計算方法をまとめました。

マロン / 2000 view

押さえておきたい交通事故で頼れる弁護士相談窓口厳選5つ

交通事故を起こしてしまったら、一体誰に相談すればいいの!? 今回はそんなとき頼れる弁護士窓口をご紹介します。

新井 大輔 / 2782 view

3つの事例から見る示談前に知っておきたい交通事故の相場

示談ってすごく難しいイメージですよね。当事者同士が話し合う場合も、間に弁護士が入る場合もありますし。今回はそ…

新井 大輔 / 1504 view

読んで得!交通事故の慰謝料相場と増額させる秘密を大公開

交通事故に遭った時の慰謝料の適正な相場を紹介します。

loveup / 3112 view

弁護士を頼みたいけど費用が心配…安心の無料相談厳選5つ

全国対応で無料相談を行っている(無料を明確に表示している)弁護士事務所や、無料相談窓口、などをまとめました。

aquayuni / 1892 view

困ったときに頼りたい!安心の弁護士無料相談窓口厳選5つ

困ったときは弁護士!でも費用が高いのでは・・・どこに行けばいいかわからない・・・そんな悩みは当然のこと。 こ…

naonaobear / 1742 view

交通事故治療の整骨院の選び方!覚えておきたい3つの要点

交通事故により怪我をした場合、まずは大きな病院の整形外科にかかると思います。 その診断結果によって、通院しな…

SAWA.HUE / 1639 view

意外と勘違いしやすい?代表的過失割合5つのパターンとは

車を運転しているほとんどの人にとって、事故は避けては通れないもの。もし事故が起こってしまったら、過失割合に従…

oroishi / 15387 view

交通事故で後遺障害を残さないためにやるべき5つのこと

後遺障害になってしまったら、一生痛みに苦しむことになりかねません。交通事故に合ってしまった時、どのような治療…

primitive0610 / 1658 view

自賠責保険の1日あたりの慰謝料の基準とケース別計算方法

自分でも驚くほどテンパってしまう交通事故の場面。そんな時に慰謝料の話になったらもっとあたふたしちゃいますよね…

yukichococo / 10303 view

事故発生から保険金支払いまでの流れを詳しく解説します

事故に合ってから調べていたらもう遅い。 今のうちにチェックしておきましょう。

Ayaka Ogino / 1923 view

関連するキーワード