追突事故でむち打ちになった被害者に支払われるお金

自賠責基準の慰謝料

実通院日数×2か、治療期間のどちらか少ない方に「4,200円」をかける計算です

任意保険基準の慰謝料

追突事故でのむちうちの慰謝料基準は入院していた期間(1ヶ月30日算出)と通院していた期間(1ヶ月30日算出)によって計算されます。

裁判所基準の慰謝料

額提示の根拠が強く求められ、「この金額を慰謝料として請求する理由」をきちんと示さなくてはなりません。

追突事故でむちうちになったときの慰謝料と示談金は別物

加害者から被害者に支払われるお金で、その名目が「示談金」だったり、「慰謝料」だったりするわけです

被害者に支払われるお金としたは同じですが、微妙にニュアンスが異なります。

示談金には相場はありません。

示談交渉の場合、後遺症の補償など、後で発生する(追突事故でのむちうちなど)損害も請求できるような条件をつけない限り、示談に合意した時点の金額で賠償金は決定してしまうわけです。

慰謝料というのは、被害者が受けた精神的苦痛に対する補償金になります。

慰謝料は、長年の交通事故の実例により、慰謝料の相場が決まっていて、妥当な金額しか支払われないケースがほとんどであります。

交通事故に遭った場合の解決までの流れ

交通事故発生

警察へ人身事故として届出を出す
警察による実況見分 
2点は必ず行うこととし、その場で示談は決してしないようにしてください

治療・通院

自覚症状の有無に関わらず必ず病院に行きましょう!
交通事故の治療は必ず健康保険を使いましょう。

症状固定

症状固定以降の治療費は請求できなくなります。

後遺障害の認定

症状固定後の痛みは、後遺障害として損害賠償を請求できる

交通事故の示談交渉

示談ってなに?

当事者同士 ( 加害者と被害者の両方 ) が話し合いをして、「 損害賠償額 」 や 「 支払方法 」 などの示談内容を決めて解決を行うこと

示談交渉は自分でするの?

示談交渉は自分で行っても構いませんが、保険に加入している場合は、あなたの代わりに保険会社の担当者が行なうことが多いです

関連するキーワード