示談金は勝手に決めることができるの?

示談金は、双方が納得(和解)すれば、決定のため、自由に決めることができます。

示談交渉の注意点

交通事故でケガをして治療をしているという場合、示談は注意して進めなくてはいけません。交通事故によるケガは後遺障害が残ったり、治療が何年にも及ぶ場合があります。

示談が成立していると、そのあと追突事故等でむちうちがわかっても、治療費を請求することができなくなってしまいます。

示談が成立していると、そのあと治療費を請求することができなくなってしまいます。

この認定を受ける前に示談書にサインすると追突事故でのむちうちなどの賠償金の請求ができなくなるため、注意しましょう。

当事者同士の話し合いによる示談は感情的になったり、中傷されたりと悪意のある対応をされることも少なくありません。

http://motorhoken-response.net/negotiation/

正当な賠償金をきちんと受け取るには、プロにお任せが一番

交通事故に遭った時、一番に考えなくてはいけないのが「日々の生活を守る」ということです

交通事故(追突事故)で、たかがむちうちといってほっておいたら。後で後遺症が出るケースもあります。

事故に遭ってしまった被害者が事故前のように安心して暮らせるようにする制度、それが賠償金であり、慰謝料です。

追突事故でのむちうちの慰謝料や賠償金が正当なものでなければ、生活ができなくなります。

正当な賠償金を請求するためにも、ここはプロにお任せして、一つずつ理解しながら問題を解決していくのが得策といえるのではないでしょうか?

プロに任せると費用がかかりますが、生活または一生にかかわることなので、プロに任せるのが一番です。

関連するキーワード