追突事故でもらえる慰謝料とは?

慰謝料は、交通事故によって、入院や通院を強いられたことや精神的なストレスに対する補償です。

慰謝料額は、入通院期間に応じて支払い基準に基づいて算定されます。

基本的な算定方法として

通院一日あたり 4200円×通院日数×2 で計算されます。
(※通院一日当たりの最低限度であり、入院などの算定基準は異なります)

通院日数×2が総施術期間を上回る場合は、総施術期間を限度とします。

自賠責保険の限度額は120万円まで。そこから治療関係費、文書量、休業損害、慰謝料が支払われます。
後遺障害が認定された場合は、認定された後遺障害等級によって慰謝料が変わります。

症状が長く、通院が多いと慰謝料の算定が高くなります。
痛みや症状が強いことは慰謝料には関係しません!

トラブルにならないためにも、自賠責保険(自動車保険)の仕組みをしっかりと理解して置くことが大切です。

交通事故の慰謝料は通院実績に対して支払われる通院慰謝料と後遺障害に対して支払われる後遺傷害慰謝料に大別されます。

通院慰謝料は、半年間通院を行って60~80万円程度ですが、後遺障害の等級を獲得するとそれだけで最低でも75万円が計上されます。

ステップ1. 治療費などの"出ていく"お金を抑える

加害者の保険会社は、「支払保険金を抑えること」が最重要課題です。人身事故の120万円までは自賠責保険で賄われるので、任意保険会社の支出はありません。しかし、120万円を超えればその分は任意保険会社の負担となります。

治療費が多額にかかってしまった場合は、保険会社の立場として「では慰謝料を少なくしよう」と、考えて賠償金を計算をしてきます。

被害者が無過失だからといって、長期にわたり漫然と治療を受け続け、タクシーに乗り放題というのは、いたずらに賠償金を増やすことになり、結局は慰謝料が少なくなるという結果になります。

被害者の立場であっても、出来る限り賠償金は抑えるように考えるのが戦略です。

*短期間の通院では、あまり重要なテクニックではありません。そもそも賠償金総額が小さいからです。
*治療費等が高額になっても慰謝料を少なく計算をしてこない担当者もいます。
*これは一つの考え方ですが、「被害者が賠償金の抑制」を考えるべきなのは全てに共通します。
*治療費の抑制は通院をするなという事ではありません。その方法を適切なものにするという意味です。

適切な治療は受けましょう。
また後遺障害認定される場合は、医学的に立証する必要があるので、症状があるにもかかわらず通院の回数を減らせということではないです。

ステップ2. 裁判・弁護士基準

保険会社の言いなりになると受け取れる金額は激減し、弁護士に頼んで裁判をしたり交通事故紛争処理センターを利用したりすると高額になりやすい。
どうしてこうなるかというと損害賠償の額には基準が設けられているからなのです。

基準には主に自賠責基準・任意保険会社基準・弁護士基準(裁判基準)といった3つの基準があります。

弁護士基準とは裁判をした場合に得られるであろう金額による基準で、これが圧倒的に高額な基準となります。

後遺障害14級の慰謝料支払い基準では、自賠責保険基準32万円、任意保険基準32~45万円、裁判・弁護士基準では110万円と大きく差があります。

弁護士(裁判)基準の請求は、それなりの根拠が必要です。つまり、弁護士もたてないのに、ただただ「弁護士基準で支払ってほしい」と主張したところで、それが認められることはないということなのです。ですので、これらの計算に基づいた理由として、無料で利用できる交通事故被害者の強い味方「交通事故紛争処理センター」等を上手に活用するか、あるいは、コストパフォーマンスを考えたうえで実際に弁護士に依頼することも検討しましょう。(弁護士特約が付いていれば一般的に「弁護士費用は300万円限度」「法律相談費用は10万円限度」としている保険会社が多いようです)

相談料から、着手金、成果報酬までを考えなければなりません。
ひどい後遺症が残る場合や死亡事故など多くの慰謝料が見込まれるような交通事故でない場合は難しい可能性がある。

ステップ3. 後遺症障害の認定

追突事故で後遺症が残った場合には、それに対して慰謝料が支払われます。それにはまず、後遺障害が認定されなければなりません。

交通事故の後遺症というのは、以下の3点をいいます。

1.ケガが治ったとされたときに体に残った障害
2.一通り治療が終わあとに残った症状
3.治療したが完治せずに、症状改善の見込みのない固定した症状

後遺症に対して支払われる賠償金は二つあって、後遺症の慰謝料と傷害の慰謝料(通院慰謝料)は別

後遺症が残った場合の損害賠償金の算定項目を大きくまとめると、以下の4点になります。

1.通常の傷害賠償金(治療費、慰謝料など)
2.後遺症に伴う将来の治療費、看護費(例外)
3.後遺症の慰謝料
4.後遺症の逸失利益

「14級9号」が認定されれば裁判所・弁護士基準で300~400万円程度の金額になることも珍しくありません。

後遺障害等級14級は、交通事故で残存することの多い痛み・しびれ等の神経症状で認定される可能性のある等級であり、交通事故案件を多数取り扱っていると、認定例を非常に多く目にする等級です。

追突事故では後遺障害等級14級の認定についてよく争われます。

関連するまとめ

交通事故は弁護士に相談!大阪で365日相談できる弁護士

土日も交通事故の相談に乗ってくれる大阪の法律事務所をまとめてみました。

tokkyuuraga / 2353 view

任意保険に加入するなら!自動車保険ランキング2015

自動車保険は車に乗っている人の8割以上が加入しています。対人賠償保険は自賠責保険で最低限の補償があるが、対物…

attibon / 1936 view

交通事故の後遺障害認定で重要なポイント4つをチェック!

交通事故に遭ったけど後遺障害認定を受けるのは甘くない?後遺障害認定を受ける為に押さえておくべきポイントを知っ…

akinco01 / 2007 view

弁護士費用はいつ払う?手持ちが心許ない時のポイント5つ

弁護士費用って、とっても高額なイメージですよね。 弁護士費用をすぐに払えそうにないけれど、弁護士に相談したい…

akinco01 / 5577 view

自賠責に慰謝料を請求するために必要な5つのポイント

ある日、偶然事故にあってしまうことがあります。万が一の時に、慌てないように自賠責保険に慰謝料を請求する方法を…

マロン / 2095 view

交通事故の後遺症の等級認定を受けるためのチェック項目5

交通事故の慰謝料請求にもっともかかわってくる後遺障害等級。今回は後遺障害等級を受ける上で大事な項目を5つまと…

新井 大輔 / 2383 view

むち打ちの慰謝料でできるだけ有利な請求をする材料3つ

特に後ろからの追突事故では、その衝撃により頭が前後に振られ、むち打ち症となってしまうことがよくあります。泣き…

oroishi / 12203 view

交通事故でのむちうち…慰謝料や示談金はいくらもらえる?

交通事故で多いむちうち。生活に支障をきたしたり、症状が長期化する ケースもあり、慰謝料や示談金について知って…

u-mo / 10471 view

交通事故の入通院慰謝料の知っておくべき3つの基準!

もし自分や家族が交通事故に遭ったら!そんな想像ってなかなかしないかもしれません。筆者も実はそうだったのですが…

kaerugto / 1961 view

交通事故の時弁護士に相談する前に押さえるポイント5つ

交通事故に遭ったら…。自分1人で解決しようにも話合いが難しい場合がありますよね。 今回は弁護士さんに相談する…

akinco01 / 1384 view

自賠責保険の慰謝料上限120万円を超えたらどうなるの?

交通事故の被害者になってしまったとき、怪我の治療費や慰謝料は加害者の自賠責保険から支払われます。でもその上限…

pufpao / 18080 view

交通事故は裁判にした方が実はお得?メリットとデメリット

交通事故を起こしてしまったら、もしくは交通事故に遭ってしまったら、みなさんはどう対応しますか? まずは保険会…

naonaobear / 18951 view

大きく差が出る?交通事故後遺症等級の2つの認定方法

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、どうやって後遺障害等級が認定されるのか?2つの認定方法を今回はご紹介し…

ubukata.m / 1638 view

ちょっと待って!事故の示談金は5つの相場事例で知ろう

事故に遭った時、保険会社の言うままの示談金で納得していませんか? 示談金の相場がわからないからって損している…

akinco01 / 4603 view

交通事故での後遺症は怖い!むち打ちはなめちゃいけない!

交通事故でむち打ちになった場合、もし、あまり痛くないからと無視していると、場合によっては一生後遺症に悩まされ…

aquayuni / 18957 view

追突事故の慰謝料を1円でも損をしないために相場を知ろう

追突事故での慰謝料を支払わなくてはならなくなったとき、たった1円でも損をしないために、慰謝料の相場をまとめま…

新井 大輔 / 18148 view

無料相談を賢く利用するコツ!弁護士に相談すべき3項目

まさか自分が交通事故に巻き込まれるなんて想定している方は少ないと思います。いざとなった場合、間に「弁護士」に…

kaerugto / 2154 view

後遺障害とは?後遺障害等級認定の仕組みを詳しく説明

難しく思える後遺障害等級認定の仕組みを、メリットとデメリットとともに詳しく解説します。

akinco01 / 1625 view

専門家に聞く、事故時の過失割合を決める5つの確認項目

事故時に決まる過失割合。その決め方とはどんなものなのでしょうか。専門家の説明をまとめます。これであなたも知識…

yukichococo / 2389 view

通院を怠ってはダメ!通院日数で交通事故の慰謝料が変わる

交通事故の際に、被害を受けた場合、慰謝料の問題が発生してきますよね。 その時に、通院日数によって受けれる慰謝…

takehiro3210 / 32244 view

関連するキーワード