交通事故発生から損害賠償請求〜示談/裁判までの流れ

事故発生 治療(通院・入院)

一般的に治療費は加害者、あるいは、加害者が契約している保険会社に随時、支払ってもらいます。

症状固定(症状の安定)

「治療を続けてもこれ以上は良くならない」という状態の「症状固定」とされるまでは通院・治療します。

後遺障害の等級認定

症状固定後に身体に痛みなどの症状が残ってしまう場合があります。このような障害については,後遺障害の等級認定を受けることにより,賠償金を求めていきます。

示談か?裁判か?

交通事故後の示談交渉開始時期は慎重に

示談が成立してしまったら、後から後遺症が発生したり、思ったよりも入院期間・通院期間が長引いてしまった場合などは、その分の損害賠償が請求できなくなります。

弁護士への相談の時期は、事故直後など早ければ早いほどよく、依頼のタイミングは、医師が後遺障害診断書を作成する前がベストです。

弁護士への依頼と相談のタイミングも重要です。

示談が上手く行かず民事調停も不成立に終わった場合には、裁判(民事訴訟)により解決を図ることになります。

重度の後遺障害案件など、賠償額が多額となるケースは裁判が有益です。

交通事故は裁判にした方が得だった!

弁護士に依頼した場合とそうでない場合とで、得られる賠償額に大きな差があり、弁護士費用を差し引いても、弁護士に依頼したほうが多く損害賠償金を得られる可能性が高いからです

損害賠償額の算定は、自賠責基準<任意保険基準<裁判基準(弁護士基準)です。

交通事故では「訴訟」のほうが良い結果になることが多い

交通事故(人身事故)の問題解決の場合、示談よりも裁判を選択するほうが、被害者にとって良い結果につながることが多くなります。

加害者側が上限とする賠償金額が、交通事故賠償の弁護士基準(裁判基準)に見合った金額でない場合、裁判(訴訟)にした場合に認められる事実関係が同じであれば、賠償金額そのもの(損害元金)の増額が予想されます。

裁判で賠償金の増額を検討する要素としては、賠償金額そのもの(損害元金)の増額と、これに付加される弁護士費用・遅延損害金の賠償があります。

知っておこう!裁判のメリット

原則的に,賠償金の算定基準自体が他の解決手段より高額である。

裁判における主張・立証次第でより実情にあった適正な賠償金を獲得できる可能性もあります。

判決ならば賠償額にその5~10%程度の弁護士費用と遅延損害金(年5%の金利)全額が加算され,和解終結の場合も遅延損害金の一定割合が調整金として加算される

被害者の実質的な弁護士費用の負担額は少なくて済むということです。

当事者双方の主張・立証を第三者である裁判官が判断するという形態なので,ブラックボックス化しやすい示談解決に比べて,結論とそれに至る過程に納得がしやすい。

被害者の気持ちも整理しやすくなります。

関連するまとめ

交通事故示談までの流れ!重要項目を詳しく解説します

交通事故が起こった際には、誰もが気が動転してしまうもの。しかし、そこで慌てず順を追って、相手のペースに飲まれ…

takehiro3210 / 1950 view

図解で100%丸わかり!交差点での事故過失割合5例

事故が多い場所は?と聞かれれば、交差点と答える人は多いはず。交差点で発生する事故には様々なケースがあります。…

bacardi / 2934 view

交通事故の慰謝料…結構大きい弁護士基準の差額3ポイント

もしもあなたが交通事故の被害者になってしまったら…場合によっては加害者から慰謝料を請求することができます。し…

kanokof / 2730 view

弁護士に聞きました!交通事故の慰謝料の相場はいくら?

自賠責保険に任意保険、人身事故に物損事故・・・交通事故の慰謝料ってややこしく思いがちですよね。でも、知ってし…

ymym107 / 2492 view

自転車保険は入るべき?甘く考えてはいけない自転車事故

自転車事故での高額な賠償が話題を呼ぶ昨今。自転車保険は必要なのか?そもそもどんなものなのか?自分にとって必要…

にゃおまま / 1706 view

交通事故に強い弁護士は?東京の弁護士の探し方マニュアル

東京の交通事故に強い弁護士の探し方をまとめました。東京は多くの弁護士事務所がありますので、その中から、本当に…

aquayuni / 1558 view

交通事故の保険は何に入ればいいの?ベストランキング3

たくさんの人が車を運転する現代、自分だけは絶対に大丈夫、と思っていても、交通事故にあってしまうことは珍しくあ…

pufpao / 1966 view

交通事故で後悔しないための被害者請求3つのポイント

交通事故に遭って怪我をしてしまったら、被害者請求することをおすすめします。被害者請求は、保険会社に任せる事前…

kanokof / 2579 view

警察は決めてくれない!自動車事故の過失割合算定方法は

他人事じゃない!自動車事故を起こしてしまった、巻き込まれてしまった場合の過失割合についてまとめました。

shizuku / 2568 view

交通事故の保険金!ほとんど知られていない3つの基準

もし不意に交通事故にあってしまったら!と考えると、傷の具合はもちろんですが、気になるのはこれからの生活です。…

kaerugto / 1877 view

交通事故の過失割合ってどれくらい?みんなの実例5つ

実際に交通事故にあわれた方の体験談をまとめてみました。 いざという時のために知っとくとよいかも

wa80100 / 4006 view

だれでも簡単にできる!慰謝料の計算をする5つの手順

慰謝料ってどうやって決めているの?専門家じゃないとわからないと思いますよね。慰謝料の計算方法をまとめました。

マロン / 2571 view

まず確認するべき!示談金の相場を決める5つの検討項目

日々の暮らしの中で、急に事件や事故の被害者・加害者になってしまうことがあります。どちらの立場もストレスと悲し…

pufpao / 10923 view

交通死亡事故の加害者に待ち受ける刑罰とはどんなもの?

交通死亡事故で亡くなる方は1年間に4000人を超える昨今。自分だけが無関係だと思わず、いつ加害者になっても出…

ymym107 / 17895 view

事故であとからくるむちうちに注意!気をつけるべき5項目

事故で自動車の追突、衝突などでなる「むちうち」。 今回は、事故後からくる「むちうち」について気をつけるべき5…

ubukata.m / 36976 view

いざという時頼りたい!交通事故に強い東京の弁護士5人

東京都内の交通事故に強い弁護士を選んでまとめました。急に起こった交通事故(東京)の際には、是非参考にしてみて…

aquayuni / 3399 view

交通事故で後遺障害を残さないためにやるべき5つのこと

後遺障害になってしまったら、一生痛みに苦しむことになりかねません。交通事故に合ってしまった時、どのような治療…

primitive0610 / 2205 view

泣き寝入りしていませんか?人身事故の慰謝料重要点5つ

人身事故の被害者になってしまったら、体は痛いし、病院に行かなくてはならないのに、お金の心配のしなくてはならな…

mryamato / 3696 view

弁護士による無料相談のメリットと活用方法を教えます

意外と知らない、弁護士による無料相談。ハードルが高いと思っていませんか? これを読めばあなたも、活用してみた…

takehiro3210 / 1628 view

交通事故に強い!大阪の人気弁護士事務所ランキング10

交通事故がもし起きてしまったら…。 交通事故発生件数が全国トップ3に入る大阪で、弁護士事務所を探してみました…

honono / 5677 view

関連するキーワード