クレジットカードやローン、キャッシングが一定期間できない

自己破産を行うと、債権者である金融機関が加盟している信用情報センターに自己破産者として登録が行われます。
この情報は5年~7年程度で削除されますが、情報が残っている期間は、信用調査が行われると自己破産者である事が分かってしまい、まともな金融機関での審査は全て断られてしまいます。

自己破産してしまうと新たにクレジットカードは作れませんしキャッシングやローンも無理です。現金のみの生活になることがデメリットです。

クレジットカードやローンの審査の際に必ず見られる個人信用情報を見て自己破産をしてるのを確認されてしまうと「どうせまた支払いをしないんでしょ?」という風に思われて審査に通らないわけですが、クレジットカード会社やローン会社がそのように思うのも当然と言えば当然です。

自己破産のデメリットとしては全体において信用をなくすということが一番大きいものですね。信用をなくすというデメリットは審査だけでなく様々な場面で登場します。

自己破産者を対象に「闇金融」からクレジットカードの作成や即日でキャッシングができるという、騙しの案内が届く場合もあります。
自己破産から最低でも5年間はどの企業でも借りれるのは無理です

法律的にグレーではなくブラックな金融から連絡が来るようになるのも自己破産した場合のデメリットです。応じなければ問題ありません。

破産情報が官報に記載される

官報とは、政府が定期的に発行している刊行物です。自己破産すると、官報に名前や住所が掲載されてしまうんです。
新聞のように、誰もが見るものではありませんから、官報に掲載されても周囲の人に自己破産したことが知られるということはないでしょう。

官報に掲載されること自体は自己破産のデメリットとしては比較的軽いものだと思いがちです。しかし大きなデメリットになる可能性も秘めているのです。

自己破産した直後は、二度とやるまい。と決心をするが、時がたてば決心が揺らぐこともある。自己破産者で闇金に手を出せばもう救う手立てがない。闇金はここもわかっているのでなお怖い。

官報に情報が掲載されることのデメリットは誰かにばれることよりも
ヤミ金業者に情報が渡ることです。

官報に掲載されると,その後,数ヵ月間は自宅にヤミ金業者からのダイレクトメールが届くことがあるようです。また,一度でもヤミ金業者からお金を借りてしまうと,その情報が悪用され,別の業者から融資勧誘の電話がかかってきてしまうこともあるようです。

ヤミ金業者の間でも名簿が回ってしまうので、自己破産者は食い物にされやすいのです。自己破産のデメリットで一番怖いのはここの部分です。

連帯保証人に迷惑を掛ける

債務者の他に保証人・連帯保証人がいるのであれば、今度はそちらに借金の督促が集中することになります。

自己破産をして債務を無くす事ができるのは本人のみ。連帯保証人は自己破産によっても何の変化もありません。この場合、デメリットは連帯保証人に全て降りかかります。

自分が自己破産をする前に必ず保証人にも今の実情を正直に話して、その保証人を含めた債務整理を考える必要があります。場合によっては保証人も自己破産をする必要がでてきますがそれも仕方ないでしょう。

自分の借金で自己破産が2人になってしまうのは非常に大きいデメリットです。少なくとも連帯保証人との関係は壊れてしまいます。大事な友人を失うというデメリットが一生付きまとう可能性があるのです。

例えば,夫が法人の代表者で,法人,代表者ともに破産をすることになったとしても,妻が法人,夫のいずれも連帯保証をしていなければ,債権者から妻へ請求がいくということは一切ありません。

自己破産をすると家族への影響は免れませんがせめて連帯保証のデメリットだけは避けたいところですね。

財産の処分が必要となる

自己破産によるデメリットは多数ありますが、その一つは一定の財産を失ってしまうという点です。借金を清算するにあたり、現在所持している財産の大半は差し押さえとなります。

自己破産したのに財産を残すというのは無理な話です。デメリットではありますが債権者としてみれば当たり前のことですね。

99万円を超える現金、20万円を超える預貯金や株券、有価証券、生命保険の解約返戻金、20万円を上回る資産価値のあるマイカーなども差し押さえの対象となります。よって、多くの場合においては、家と土地と車を失い、現金も手元にはほとんど残りません。

自己破産して残るのはちょっとした現金くらいですね。自己所有の家や別荘、車も生産に使われます。後の生活を考えるとかなり厳しいデメリットではあります。

自己破産後でも、法律によって99万円までの財産を持つことを許されています。現金だけでなく、生活に最低必要な家具などは、差し押さえの対象外として保証されているのです。

自己破産した後にもう一度人生をやり直すためのハードルは非常に高いです。最低限の家具やお金で何年もやりくりする必要があるからです。
しかし、借金を踏み倒された人の側としては自己破産されることが最大のデメリットなのです。

関連するまとめ

3分でわかる!自己破産がもたらす家族への影響とは?

自己破産するしかない…。追い詰められているけれど、家族への影響が心配で夜も眠れないというあなたに!家族への影…

akinco01 / 4843 view

今増えている!30代で破産?住宅ローンの落とし穴とは?

人生で最大の買い物、マイホーム。住宅ローンを組むのはいいけど、完済できずにせっかくのマイホームを手放すことに…

海花 / 5085 view

債務整理ならこの弁護士にお任せ!4人のプロをご紹介

自分が債務整理を決心したとして、一体誰に相談したらよいのか・・・そんな方必見!今回は安心して任せられる4人の…

yysd / 2694 view

ブラックリスト回避!?個人信用情報機関3分で解説!

ブラックリストと聞くと、なんだか怖いイメージがありますが、その実態については正直よく分からないのが本音だった…

KOKKO / 2011 view

【保存版】自己破産後にクレジットカードをもつ方法~3選

自己破産の後にクレジットカードをもつ方法はあるのでしょうか? 情報を集めてみました。

かど3 / 1887 view

お金がないのに費用がかかる債務整理を安く済ませる方法3

借金が大変、多重債務で苦しい、などなどお金で困ったら考えるべきなのは債務整理。正しい知識で費用を安く手続きを…

bohemianrhapso1 / 1281 view

必読!自己破産したら住宅ローンや所有不動産はどうなる?

自己破産と住宅ローンやマイホームのこと、詳しく紹介します。自己破産を考えている方の疑問を解決します。

akinco01 / 1822 view

借金生活から脱出!債務整理で返済に成功した2つの体験談

始まりはいつも“ほんのちょっと”から、ずるずると増えていき、いずれどうすることもできない状態に。でもそこから…

nyannyan_21 / 1400 view

債務整理に必要な費用、その相場をパターン別に5つご紹介

いざ債務整理を決心したとして、どれ位費用がかかってしまうのか・・・気になりますよね。今回は、債務整理に必要な…

yysd / 5452 view

過払い金請求とは?知っておきたいメリット・デメリット3

過払い金請求においてのメリット・デメリットをまとめました。

nyannyan / 1400 view

【完全保存版】過払い金の計算方法~便利なソフト紹介

自分で簡単に過払い金を計算したい。そんな方のために便利なソフトをご紹介するとともに、実際に自力でやってみた方…

かど3 / 2862 view

債務整理とは?あなたの借金が減らせるかも・・・

借金でお困りの方にぜひ読んで頂きたいです。債務整理を行えばあなたの借金が減らせる可能性があります。

梅干し / 676 view

闇金地獄!そんな時、本当に相談できる法律事務所厳選4件

闇金地獄に陥ってしまった時、あなたならどうしますか?今回は、そんな時に相談できる、闇金問題に強い法律事務所4…

yysd / 5119 view

過払い金とは?払いすぎた100万円の利息を取り戻す方法

知っていますか。法律で定められた値よりも高い利息を取っている金融機関があることを。払ってしまった後でも、正し…

justinmeats / 1347 view

突然の自己破産と保証人の関係、知らないと怖い6つの常識

借金で首が回らない…だけど保証人に迷惑をかけられないから自己破産だけは避けたい…そんな人が多いそうです。 自…

nyannyan / 1923 view

主婦が借金する前に注意しておきたいポイントベスト5

専業主婦やパートだけの主婦の方が、突然入り用になって借金をすることもありますよね。事情によっては、夫や家族に…

出海 / 1686 view

自己破産したいけど…するにはどのくらいの費用がかかる?

病気、失職、生活費等のために多額の借入れをしたなどを原因に、悩みに悩んで自己破産を選択する方がいます。 お…

DTC101 / 3281 view

ブラックOKは要注意!2つの理由と闇金業者の一覧リスト

今自分が利用している金融機関は、闇金の成りすましではないのか?ということをまず知りましょう。詐欺被害に遭われ…

izm1203 / 5779 view

こんな対応されたら注意!ソフト闇金の4つの特徴と手口

借金を利用するときに優しい対応されたことはありませんか?返済するときには高金利。実はソフト闇金かもしれません…

H.MURAKAMI / 2930 view

関連するキーワード