1.被害者への対応:救護と連絡先の確認

人身事故の場合、言うまでもありませんが真っ先にしなければならないのは、負傷者の救護と119番への連絡が第一です。

気が動転していても、これだけは忘れずに。

もし、負傷者の救護を怠ると、救護義務違反(道路交通法 72 条)の罰則を科せられるので注意しましょう。
また、救護せずにその場を立ち去った場合は、どんな理由であれひき逃げ(救護義務違反)となり重い罰則を科せられることとなります。

被害者が不在でも、物損を起こして立ち去れば当て逃げになってしまうので要注意。

交通事故を起こしてしまった場合は、相手の名前と住所、連絡先、勤務先などを聞いておく事です。相手の車の所有者を確認するために、ナンバープレートも控えておきます。相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)がどこなのかも聞いておきましょう。出来れば免許証番号や車検証も確認しておくと良いです。
当然ですが、同じように自分の情報も相手に伝えます。

連絡先だけでなく、保険会社の情報も重要なんですね。

2.警察に連絡する

たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。警察にはあいまいな言い方は避け、伝えるべき点ははっきりお伝えください。

救護の次に大切なことです。必ずすぐに連絡しましょう。

警察ではこのときの双方からの話と状況を検証して事故証明を作成します。事故証明書はその場では発行されませんが、保険を使うことになったときに必要になるものなので、かならず作成してもらってください。

「双方」とは被害者と加害者のことです。別々に聴取がされます。

事故を起こした場合は人身事故・物損事故に関わらず必ず警察に報告する義務があります。特に単独事故は“相手がいないから大丈夫”という理由で報告を怠る人もいますが、警察に届け出を出して「交通事故証明書」を発行してもらわないと修理等の保険金も出ませんし、相手がある場合は後日の示談交渉にも支障が生じます。

物損事故でも警察への連絡が必須なんですね。

3.事故車両の処理

さらに事故が発生しないように他の車両の交通の妨げにならない場所にクルマを移動させます。
必ずしもクルマを動かせる状況にあるとは限りませんから、その場合、ハザードランプの点滅や停止表示機材を設置(または発炎筒の使用)するなどして後続車に注意を促します。

二次災害は絶対に防ぎましょう。

交通事故の続発を防ぐため、事故車両を安全な場所に移動したり、接近してくる他の自動車に事故の発生を知らせるなど、道路における危険防止の措置をとらなければなりません。なお、この場合、後に事故現場がわからなくなることのないよう配慮する必要があります。

更なる被害を防ぐことが一番大事ですが、現場を保存する必要があることも忘れずに。

車の引上げです。自走可能なら運転していきます。車が動かないようなら購入したお店や知合いの車屋さんなどに連絡して引き取りに来てもらいましょう。夜間の場合(車屋さんに連絡がつかない場合)はJAF(#8139)に連絡して運んでもらいましょう。
また、修理にかける前に保険会社の承諾が必要になるので、すぐに修理に取りかかることは待って下さい。

事故直後にやらなければいけないことをすべて行った後で引き上げます。

4.事故現場の保存・記録・目撃者の確保

記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。

これは被害者であっても、加害者であっても同じです。

目撃者がいるならその人の氏名、連絡先、事故の証言などをお願いしましょう。
現場の写真、信号の状況、道路幅、一時停止など道路標識の位置、駐車している車がいたならその位置なども確認しておいてください。

このような細かい情報も必要になるんですね。

事故が起きたときに、その状況を見ていた目撃者の氏名や連絡先を聞いておくことも大切です。
(中略)
第三者の証言は示談交渉などで必要となることがあるからです。

一方的に悪者にされてしまわないように、客観的な意見を述べてくれる人を探しましょう。

関連するまとめ

交通事故で受け取った保険金と税金の関係を詳しく解説

交通事故で受取った保険金に税金がどう関わってくるかご存知ですか?万が一のために知っておくと余計な心配がなくて…

takehiro3210 / 2365 view

追突事故の慰謝料を1円でも損をしないために相場を知ろう

追突事故での慰謝料を支払わなくてはならなくなったとき、たった1円でも損をしないために、慰謝料の相場をまとめま…

新井 大輔 / 17776 view

交通事故の後遺症は、認定率80%の事務所に相談しよう

後遺症になる大けがを負えば必然的に弁護士を探すと思います。いい交通事故弁護士の探し方は?なぜ80%?

uto / 2876 view

実際はどうなの?アディーレ法律事務所の交通事故での対応

交通事故に強いと言われている「アディーレ法律事務所」実際の対応や解決例、口コミなどをまとめました。アディーレ…

aquayuni / 13893 view

交通事故の示談待って!示談金についての3つのポイント

交通事故時の示談金を適正に受け取る為のポイントをまとめました。注意点なども記載してありますので、参考にして下…

aquayuni / 2061 view

大阪の市区町村の交通事故発生率ランキングBEST5

運転が荒いと言われる大阪の交通事故ランキング。 一位はあなたの市町村だったりして?

Ayaka Ogino / 2331 view

交通事故に強い弁護士は?東京の弁護士の探し方マニュアル

東京の交通事故に強い弁護士の探し方をまとめました。東京は多くの弁護士事務所がありますので、その中から、本当に…

aquayuni / 1395 view

慰謝料の相場ってどれくらい?申告に必要な5つのポイント

慰謝料の相場を算出する方法や、各基準により異なる慰謝料の相場をまとめました。

aquayuni / 1729 view

軽い症状でも油断しちゃダメ!事故の後遺症5パターン

自動車事故で軽い症状だと油断しがちですが1年後に異変に気付く事もありますので、そんな事にならない様に事故の後…

masac1015 / 5427 view

自賠償保険は強制保険!加入方法と保険料の金額を解説

自賠責保険は強制保険って知ってましたか?加入方法は簡単です。金額と一緒に保険について見ていきましょう。

takehiro3210 / 12269 view

交通事故の際に傷害保険でもらえる慰謝料の相場とは?

様々な種類のある任意保険。中でも傷害保険ってこんなに便利なんです!

ymym107 / 2924 view

交通事故でのむちうち…慰謝料や示談金はいくらもらえる?

交通事故で多いむちうち。生活に支障をきたしたり、症状が長期化する ケースもあり、慰謝料や示談金について知って…

u-mo / 10189 view

示談の前に知っておくべき交通事故での慰謝料の計算方法

交通事故の慰謝料って一体何!? 不透明な内訳を大きなくくりでまとめました。

新井 大輔 / 6391 view

自賠責に慰謝料を請求するために必要な5つのポイント

ある日、偶然事故にあってしまうことがあります。万が一の時に、慌てないように自賠責保険に慰謝料を請求する方法を…

マロン / 1966 view

意外と勘違いしやすい?代表的過失割合5つのパターンとは

車を運転しているほとんどの人にとって、事故は避けては通れないもの。もし事故が起こってしまったら、過失割合に従…

oroishi / 18314 view

後遺障害とは?後遺障害等級認定の仕組みを詳しく説明

難しく思える後遺障害等級認定の仕組みを、メリットとデメリットとともに詳しく解説します。

akinco01 / 1509 view

コンビニで簡単手続き!自賠責保険チェックポイント5つ

ドライブ、ツーリングがお好きな皆さん、 春から車やバイクを持ち始める皆さん、自賠責保険の加入は終わりましたか…

じぇんほ / 3138 view

任意保険に加入するなら!自動車保険ランキング2015

自動車保険は車に乗っている人の8割以上が加入しています。対人賠償保険は自賠責保険で最低限の補償があるが、対物…

attibon / 1821 view

追突事故でかかる費用って?慰謝料でかかる金額トップ5

車を運転する人なら、追突事故は他人事じゃない。払うとなったら恐ろしい慰謝料、どのくらいなのかを調べてみました…

出海 / 3185 view

示談とは何か?示談金と慰謝料の違いを詳しく解説します

できれば、経験したくはないが、知っておいた方がいいですよね。

Ayaka Ogino / 2435 view

関連するキーワード