1.被害者への対応:救護と連絡先の確認

人身事故の場合、言うまでもありませんが真っ先にしなければならないのは、負傷者の救護と119番への連絡が第一です。

気が動転していても、これだけは忘れずに。

もし、負傷者の救護を怠ると、救護義務違反(道路交通法 72 条)の罰則を科せられるので注意しましょう。
また、救護せずにその場を立ち去った場合は、どんな理由であれひき逃げ(救護義務違反)となり重い罰則を科せられることとなります。

被害者が不在でも、物損を起こして立ち去れば当て逃げになってしまうので要注意。

交通事故を起こしてしまった場合は、相手の名前と住所、連絡先、勤務先などを聞いておく事です。相手の車の所有者を確認するために、ナンバープレートも控えておきます。相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)がどこなのかも聞いておきましょう。出来れば免許証番号や車検証も確認しておくと良いです。
当然ですが、同じように自分の情報も相手に伝えます。

連絡先だけでなく、保険会社の情報も重要なんですね。

2.警察に連絡する

たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。警察にはあいまいな言い方は避け、伝えるべき点ははっきりお伝えください。

救護の次に大切なことです。必ずすぐに連絡しましょう。

警察ではこのときの双方からの話と状況を検証して事故証明を作成します。事故証明書はその場では発行されませんが、保険を使うことになったときに必要になるものなので、かならず作成してもらってください。

「双方」とは被害者と加害者のことです。別々に聴取がされます。

事故を起こした場合は人身事故・物損事故に関わらず必ず警察に報告する義務があります。特に単独事故は“相手がいないから大丈夫”という理由で報告を怠る人もいますが、警察に届け出を出して「交通事故証明書」を発行してもらわないと修理等の保険金も出ませんし、相手がある場合は後日の示談交渉にも支障が生じます。

物損事故でも警察への連絡が必須なんですね。

3.事故車両の処理

さらに事故が発生しないように他の車両の交通の妨げにならない場所にクルマを移動させます。
必ずしもクルマを動かせる状況にあるとは限りませんから、その場合、ハザードランプの点滅や停止表示機材を設置(または発炎筒の使用)するなどして後続車に注意を促します。

二次災害は絶対に防ぎましょう。

交通事故の続発を防ぐため、事故車両を安全な場所に移動したり、接近してくる他の自動車に事故の発生を知らせるなど、道路における危険防止の措置をとらなければなりません。なお、この場合、後に事故現場がわからなくなることのないよう配慮する必要があります。

更なる被害を防ぐことが一番大事ですが、現場を保存する必要があることも忘れずに。

車の引上げです。自走可能なら運転していきます。車が動かないようなら購入したお店や知合いの車屋さんなどに連絡して引き取りに来てもらいましょう。夜間の場合(車屋さんに連絡がつかない場合)はJAF(#8139)に連絡して運んでもらいましょう。
また、修理にかける前に保険会社の承諾が必要になるので、すぐに修理に取りかかることは待って下さい。

事故直後にやらなければいけないことをすべて行った後で引き上げます。

4.事故現場の保存・記録・目撃者の確保

記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。

これは被害者であっても、加害者であっても同じです。

目撃者がいるならその人の氏名、連絡先、事故の証言などをお願いしましょう。
現場の写真、信号の状況、道路幅、一時停止など道路標識の位置、駐車している車がいたならその位置なども確認しておいてください。

このような細かい情報も必要になるんですね。

事故が起きたときに、その状況を見ていた目撃者の氏名や連絡先を聞いておくことも大切です。
(中略)
第三者の証言は示談交渉などで必要となることがあるからです。

一方的に悪者にされてしまわないように、客観的な意見を述べてくれる人を探しましょう。

関連するまとめ

むちうちの後遺症を残さない!専門家が教える5つの手引き

事故当日はなんでもなかったのに。だんだんと痛みを感じてきた……ということもありますよね。後遺症を残さないため…

マロン / 24034 view

慰謝料の計算に困ったら…プロに頼って電話1本で解決!

自賠責・任意保険・弁護士基準と慰謝料の計算方法は3つもあるので、普通の人には難しいですよね。適正な慰謝料を勝…

kanokof / 1497 view

交通事故に遭った…そんな時に困らない慰謝料対策ベスト5

突然の交通事故に遭った場合の慰謝料について、適切に受け取りができる方法や対策をまとめました。

aquayuni / 2179 view

自賠責保険解約でお金が戻る?自賠責保険の仕組みを解説

自賠責保険解約がどのような保険なのか、自賠責保険解約でお金が戻る事など自賠責保険についてまとめています。

masac1015 / 2319 view

交通事故の示談成立後、後遺障害が出たときの5つの対処法

交通事故による後遺障害の認定を受ける時、例え非該当の認定になってしまったとしても、納得が行かない場合は決して…

★ホーリー★ / 2539 view

怖〜いむちうちの後遺症…後悔しないためのポイント5つ

交通事故で負ったむちうちの対処法を紹介します。

loveup / 2851 view

交通事故治療の整骨院の選び方!覚えておきたい3つの要点

交通事故により怪我をした場合、まずは大きな病院の整形外科にかかると思います。 その診断結果によって、通院しな…

SAWA.HUE / 2287 view

土日祝日も受付可能!頼りにしたい慰謝料弁護士5選!

慰謝料を請求したい!不当な慰謝料を請求された!すぐに弁護士に相談したいけど、法律事務所が休みだった?そんなと…

出海 / 1878 view

一人で悩まない!交通事故の通院でもらえる慰謝料の内訳

交通事故に遭った時、通院でもらえる慰謝料を知らないと損をするかもしれません!交通事故で通院している時にもらえ…

akinco01 / 2334 view

頼るなら今でしょ!法律事務所に頼るべき交通事故事例5つ

交通事故が起きてしまうと、自分ではどうしようもないことも多いです。そこで頼りになるのが、法律事務所。実際の事…

oroishi / 2964 view

まず確認するべき!示談金の相場を決める5つの検討項目

日々の暮らしの中で、急に事件や事故の被害者・加害者になってしまうことがあります。どちらの立場もストレスと悲し…

pufpao / 10924 view

自賠償保険は強制保険!加入方法と保険料の金額を解説

自賠責保険は強制保険って知ってましたか?加入方法は簡単です。金額と一緒に保険について見ていきましょう。

takehiro3210 / 12535 view

いつ加害者になるかも?事故の直後に行うべき3つの義務

ある日突然交通事故に遭ってしまったら…どこに連絡をし、どのような行動をとればよいのか?お金はどうするのか?不…

ubukata.m / 2083 view

人身事故の示談で後々揉めないために注意したい3つのこと

人身事故。起こってほしくないことですが、巻き込まれる時は突然やってきます。万が一の時に困らないように、人身事…

shufumari / 11123 view

追突事故!むちうち症の治療費は?保険の適用注意点3点

追突事故で怖いのは、その後の身体ですよね。中でもむちうちは長引く病気で、不安です。しっかりと知っておくことで…

mryamato / 5062 view

知ってる?自賠責保険料支払いまでの簡単5ステップ!

車を運転する人なら、誰もが持っているはずの自賠責保険。支払いや受け取りまでどんなプロセスを辿るのかを調べてみ…

出海 / 1951 view

5つのケース別で見る、追突事故の慰謝料の相場はいくら?

慰謝料にどう違いが出るのか見ていきましょう。

uto / 74244 view

交通事故慰謝料計算には3つの基準!それぞれを詳しく解説

もし事故にあった場合、慰謝料がどのように決まるのか知っていますか? いつ、誰もが事故にあうのかわからない今、…

taurus.silver / 1146 view

入院1ヶ月…交通事故の慰謝料の相場がいくらかチェック

交通事故で入院することになってしまったら慰謝料はいくらくらい支払われるのでしょうか?採用基準により金額は大き…

kanokof / 3693 view

入っていてよかった!交通事故のときに頼れる5つの保険

多くの人が経験する交通事故の場面。あなたは冷静に対処できますか?今回はそんな交通事故の際に頼りになる保険を5…

yukichococo / 1881 view

関連するキーワード