債務整理とはそもそもどんなものなのか?

債務整理=借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。
現在、日本には200~300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています。

消費者金融が借りやすいイメージになっている現在は、軽い気持ちで借り入れをする人も増えています。生活苦でも浪費でも、債務整理が必要になるほどの借り入れはしてはいけませんね。

借金問題に苦しむ人は多いのですが、それに比べて、苦しむことなく借金を整理できるという事実はあまり知られていません。

債務整理という言葉自体は知っていても、どんな種類があるのか、費用はどれくらい掛かるのかなどの情報はあまり知られていないみたいです。

債務整理を行う目安・タイミングは特に決まってはいませんが、一般的に手取り月収の3割以上を、月々の返済に取られるようになると生活が逼迫してきますので、そのタイミングで債務整理を検討することになるでしょう。

債務整理を行う必要が生じる場合は、大きな金額の借り入れか多重債務者が多いと思います。無理して払い続けても生活を圧迫してしまうので早めの相談がベストですね。専門家への費用を捻出することも考えると早め早めが良さそうです。

自己破産だけじゃない! 債務整理には種類があります

任意整理とは、その言葉のとおり「任意で借金を整理すること」、つまり裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者の間で利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉して、借金額を圧縮することです。

利息に関する法律、利息制限法と出資法で定められている利息の上限を比べた際の差額を過払いとして元本に充当することで借金を減らすパターンです。借金の総額は減りますが元本は返済する必要があります。
これを行うとブラックリストに記載され、7年ほどは借り入れができなくなります。

民事再生(個人再生)とは、任意整理で引き直し計算を行ってもまだ返せない額の借金が残っている場合でも自己破産はしたくない人、または住宅ローンの返済に困ったときに住宅を手放さずに生活を再建できる債務整理の方法です。

住宅ローン以外の債務の1/5又は1/10程度に減額し、それを3年程度で返済する債務整理方法です。住宅ローンの支払い、減額された債務の支払いは必要ですが住宅ローンを支払うことで家を手放したくない人におススメです。
借金の総額を大幅に減らせ、車や家を手放さなくて済みます。

自己破産とは、任意整理、民事再生を行ったとしてもまだ返すことができないほどの多くの借金を抱えている場合、地方裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにすることができる債務整理の方法のひとつです。
一定の財産を手放す必要はありますが、自己破産を行うことで多重債務の苦しさから逃れることができます。

デメリットも最大、費用も債務整理の中では一番掛かります。官報、本籍地の破産者名簿に記載される、車、家などの財産は手放す必要があります。
また、自己破産しても保証人の立場は何も変わらないので、自分だけ借金を減らしても保証人に取立て、返済が移るだけなのです。

1・無料相談の利用と各整理方法の費用の相場を知る

無料相談は各事務所が実施していますが、絶対に使用しましょう!
その時に、かかる費用の総額をきちんと尋ねるとかなり安心です。

債務整理の際にはしっかりとした準備が必要になりますので、かかる費用も事前に把握しておきましょう。

債務整理の際にかかる費用の相場はどれくらいなのでしょうか?
費用の内訳は主に・着手金・成功報酬・減額報酬・過払報酬となります。
割合や金額は弁護士事務所によりますが、平均的に考えると全てまとめて20万円前後になる場合が多いようです。

債務整理するほどなのですから専門家に払う費用が捻出できない場合もありますね。まずは無料相談で複数の事務所に聞いてみた方が良いでしょう。

債務整理を得意としている弁護士や弁護士事務所は、多くが弁護士費用を分割にしてくれます。

債務整理をする際に費用を抑えたいのならば無料相談、かかる費用の比較検討、分割や後払いなどに対応しているかなどの確認が必要です。
次のブロックでお話しする法テラスへの相談が一番のおススメです。

2・費用捻出が難しい場合、法テラスの民事法律扶助の検討を

法律扶助制度とは、自分では弁護士や司法書士の報酬や裁判の費用を支払うことが困難な方のために、公的な資金で援助を行う制度のことです。

多重債務に陥ってしまうと弁護士への着手金の数万円がかなり厳しい金額に
なってしまいます。専門家に依頼する場合、支払いと取立てがストップしますので是非とも利用したいところですがその費用の捻出が大変ですね。

債務整理に関する司法書士や弁護士への着手金・報酬金は,すべての事案について所定の額が定められており,この場合,司法書士や弁護士は報酬額につきフリー(自由化)というわけではなく,この所定の金額で仕事をしなければならないということになります。

債務整理に取り掛かろうとしても事務所によって異なる金額なので費用が
分かり難くなっています。民事法律扶助の場合それが一定の金額に
なるので安心して依頼できますね。

原則として、立替制度であり、援助を受けた後は月5千円から1万円を無利子で返済することになる。一部、破産手続における予納金(同時廃止事案の場合で約2万円、少額管財事案で約20万円)などのように援助の対象外となっている費用もある。

あくまでも費用の立替えなので後で支払う必要はあります。しかし無利子であり、金額も小さいので無理なく返済が可能となるでしょう。デメリットの無い制度なので是非利用してもらいたいです。まずは法テラスの制度利用が可能かどうかの確認をしてみましょう。

関連するまとめ

民事再生とは?民事再生のすべてが分かる6つのポイント

民事再生、倒産、自己破産・・・様々な言葉があってよくわからない!!そこで今回は民事再生について調べてみたいと…

shufumari / 1162 view

借金してしまう人の約4割が主婦??何故借りてしまうのか

何故借金してしまうのか、主な理由をまとめてみました!

にこ / 4408 view

債務整理の相談は誰にする?タイプ別相談先5つを紹介!

一口に債務整理といってもさまざまな方法があります。ご自身の状況に合わせてなにがベストか弁護士や司法書士に相談…

loveup / 1346 view

個人民事再生の長所&短所、頼れる5つの法律事務所を紹介!

企業などの倒産で耳にする民事再生という言葉。民事再生には個人向けのための個人民事再生というのがあるそうです。…

bacardi / 1694 view

債務整理をしていても住宅ローンをパスする3つの裏ワザ!

過去に債務整理をすると、一般的に住宅ローンの審査には通らないと言われています。そこで、債務整理をしていても住…

KOKKO / 2732 view

債務整理に必要な費用、その相場をパターン別に5つご紹介

いざ債務整理を決心したとして、どれ位費用がかかってしまうのか・・・気になりますよね。今回は、債務整理に必要な…

yysd / 4816 view

個人再生の費用はいくらかかる?大きく分けて3パターン

債務整理の中でも高額の費用がかかるといわれる個人再生。 でも、実際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?…

KOKKO / 1288 view

今増えている!30代で破産?住宅ローンの落とし穴とは?

人生で最大の買い物、マイホーム。住宅ローンを組むのはいいけど、完済できずにせっかくのマイホームを手放すことに…

海花 / 4872 view

自己破産後の生活とは?5人が語った意外な暮らしぶり

自己破産について、皆さんはどういうイメージをお持ちですか?今回は、実際に自己破産してしまった人5名の証言を基…

yysd / 16479 view

債務整理をお考えの方必見!相談すると良い3つの機関

債務整理をするために、相談すると良い機関をまとめました。

nyannyan / 1233 view

借金時効を知らなかったら人生の半分は無駄にしていた

借金にも時効はあります。ただ成立させることは非常に困難です。 そして過払い金にも時効はあることをご存知でした…

かど3 / 4165 view

【逆転の発想】借金体験ブログだからこそできること

長い間借金を抱えて生きているというのはとても大変なことです。 そして債務整理とはいえその苦しみから解放された…

かど3 / 4678 view

1回でも借りると危ない?闇金が確認できるリスト一覧

どうしても今お金が必要だ―そんな時にお金を貸してあげると言われたら…。 その業者は闇金かもしれません。闇金業…

haruka.takei / 6376 view

過払い金請求を始める前にチェックしたい5つのデメリット

過払い金請求の仕組みや対象となる返済金、過払い金請求したら何がデメリットとなるのかなど知っとくと損をしない情…

loveup / 1771 view

リボ払いの思わぬ罠!過払い金が発生する5つのメカニズム

リボ払いにおいても過払いが発生するには、金利、取引期間、債務額の推移という3つの要素で一定の条件を充たす必要…

DTC101 / 2251 view

知らないと怖い!自己破産と保証人の6つの常識Q&A

自己破産すると楽になる。と安易に考えていないでしょうか?契約を結んだからには保証人になってくれた人がいるはず…

alink0 / 2729 view

借金あっても上手に一ヶ月を一万で乗り越える人のブログ集

借金を返済するためには、新しくどこかから借り入れるのではなく、今を見直して今後を設計していきましょう。食費を…

alink0 / 1813 view

【最低5年】自己破産後はクレジットカードが作れない!?

自己破産したのにクレジットカードが作れる方法なんてあるのでしょうか?

にこ / 2003 view

自己破産をする前に知っておきたいメリット・デメリット3

いよいよ自己破産するしかない…と追詰められたあなたへ。知っておいてほしいメリットとデメリットをまとめました。

akinco01 / 1496 view

債務整理のデメリットとメリット、7つの具体的内容とは?

債務整理って聞いたことはあるけれど・・・一体どういうもの?今回は債務整理っての種類とデメリット・メリットを見…

shufumari / 1239 view

関連するキーワード