自賠責保険について

自賠責保険は、他人を交通事故でケガさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合に相手方に支払われる保険金で、人身事故のみが対象です。人身事故が対象ですので、車や物がいくら壊れても対象にはなりません。

交通事故の場合は健康保険が利用できないため、医療費が高額になる可能性が高いです。そのため車やバイクなどを持っている場合、「自賠責保険」は必ず加入しなければならない強制保険になっています。

「相手が保険に入ってなかった」「任意保険を使いたくない」「ひき逃げされた」
そのようなときに「最低限の補償」が受けられるようにと国が運営する対人補償制度。
これが「強制保険」といわれている自賠責(自動車賠償責任保険)です。

自賠責における「被害者」と「加害者」は、事故で負傷(死亡)した方を「被害者」というそうです。慰謝料は「被害者」に支払われ、過失の割合は関係がないようです。

自賠責保険は、法律で義務付けられた保険なので、未加入の場合には罰則があります。また、加入していても、自賠責保険証明書を携帯していないだけで罰せられます。
(250cc以下のバイクは、ナンバープレートに自賠責保険のステッカーを貼らなければなりません)

自賠責保険に加入していない場合も、自賠責の保険証を携帯していない場合でも罰せられます。勘違いで保険をきらせてしまうことがあるかもしれませんので、注意しておきましょう。

【ポイント1】慰謝料の支払い限度額と保障内容を確認しよう

損害に応じて支払われる保険金(共済金)には、傷害・死亡・後遺障害・死亡に至るまでの傷害について、それぞれ支払限度額があります。

慰謝料の支払い上限は1人に対し120万円になるんですね。被害者(怪我をされた方)に100%の過失がある場合は慰謝料の支払い対象にならないそうです。保障される条件があるようなので確認しておくとよいですね。

自賠責保険では慰謝料は1日あたり4,200円として、対象となる日数分を合計して算出する、という決まりになっています。

複数の被害者(怪我をした人)がいる場合は、1人1人にたいして自賠責保険から慰謝料の請求ができるそうです。

簡単な慰謝料の計算を面倒に思ってしまうことで、保険会社とのやり取りすべてにおいて、投げ出してしまいたいという思いから、行政書士や弁護士等の専門家に依頼することを検討しているような方々もいらっしゃるようですが、少なくともこの時点では専門家はまったく必要ありません。

慰謝料には「入通院慰謝料」と「後遺障害慰謝料」の2種類があるそうです。慰謝料の計算は自分でできるので予めどのくらいの金額になるのか調べておくといいのかもしれませんね。

【ポイント2】慰謝料請求の流れを確認しよう

自賠責保険(共済)の保険金(共済金)等の請求については、被害者が直接損害保険会社(組合)とのやりとりをすることもあります。

自賠責に慰謝料を請求するには「加害者請求」と「被害者請求」の2通りの方法があるそうです。

自賠責保険支払い請求書は、各自動車保険会社や代理店に行けば置いてありますので、直接行けば入手することができますが、自動車保険会社や代理店に問い合わせて、郵送で送ってもらうこともできます。

自賠責の慰謝料を請求する提出書類は必ず自分の目で確認をし、提出後にも内容を確認できるようにコピーをとっておくとよいかもしれません。

自賠責保険から被害者が支払いを受けるには、自賠責保険会社に対して保険金支払いの請求をすることが必要となります。
請求方法としては、加害者側が一旦被害者側に支払った上で、加害者側から自賠責保険に請求する加害者請求と、 被害者側から直接自賠責保険会社に請求する被害者請求の2通りの方法があります。
このほかに、任意保険の請求と併せて自賠責への請求を行う一括請求(任意一括)もあります。

3つ方法があります。自分にあった方法を検討してみましょう。

【ポイント3】自賠責に慰謝料を請求するために必要な書類を揃えよう

損害賠償金や保険金を受け取るためには、証明しなければならないことがいろいろあるため、自賠責保険への請求にはさまざまな書類が必要です。

加害者請求か被害者請求か、また傷害事故か死亡事故かで必要な書類が違うんですね。

自賠責保険の会社名と証券番号は、交通事故証明書の加害者欄に記載されています。
自賠責保険に出向いて被害者請求の一式書類を請求すると、保険金請求のご案内=パンフレットと共に無償で配布され、
最後のページに上記の説明があります。

必要書類が多いので、発行元を確認しておくといいですね。

また、被害者の損害を計算して限度額以内であれば、計算による限度額が支払われ、限度額をオーバーする部分は、任意保険で支払われることとなります。(示談するときは、自賠責基準だけで終わらないようにして下さい。)

必要書類がたくさんあり、限度額などの計算など手間がかかります。任意保険の担当者にお任せして一括請求をしたほうが簡単かもしれませんね。

関連するまとめ

人身事故で貰うのは治療費だけじゃない!意外な慰謝料5選

誰にでも起こりうる人身事故!!治療費だけもらって安心していませんか?実は治療費以外にももらえる慰謝料が存在す…

akinco01 / 9704 view

知らないと損をする!交通事故の過失割合の3つのポイント

自動車事故は双方に被害がありますが、過失割合が1割違っても金額が大きく違って来ます。出費額が数百万円単位で変…

attibon / 2622 view

交通事故治療の整骨院の選び方!覚えておきたい3つの要点

交通事故により怪我をした場合、まずは大きな病院の整形外科にかかると思います。 その診断結果によって、通院しな…

SAWA.HUE / 2165 view

無料相談で弁護士に上手に相談する方法と注意点教えます

法的な問題・トラブルが起きた際に頼りになるのが弁護士。無料で相談したいけど、どうすればいいのか。そして、相談…

ubukata.m / 1522 view

むちうちや頭痛や吐き気…ほっておくと怖い事故の後遺症

事故後の症状、軽い頭痛やめまいだからといって放っておくと危険なことに・・・!?

ymym107 / 24746 view

自賠責保険の被害者請求で押さえたい3つの支払い限度

自賠責保険は被害を受けた人からも請求できるって知っていましたか?万が一、事故にあった際、無駄な涙を流さぬよう…

shufumari / 1697 view

慰謝料っていくら?様々な事故により発生する7つの例!

交通事故の慰謝料についてまとめています、慰謝料と言う言葉は良く耳にしますが、実際交通事故の慰謝料の相場などを…

masac1015 / 4498 view

自賠責への慰謝料請求をする5つのメリットとデメリット

ある日突然、交通事故の被害者になってしまったら…。自賠責保険は、自動車を保有する人全てが入るので、加害者が任…

kanokof / 2234 view

追突事故の慰謝料を1円でも損をしないために相場を知ろう

追突事故での慰謝料を支払わなくてはならなくなったとき、たった1円でも損をしないために、慰謝料の相場をまとめま…

新井 大輔 / 17957 view

自賠償保険の現在の金額はいくら?車種・保険期間のまとめ

「自賠責保険」とはよく耳にしたり、ご自身が何気無く納めたりしているものですが、果たしてどんなものなのでしょう…

kaerugto / 1444 view

初めて二輪・車に乗る人へ!自賠責保険が分かる5ステップ

免許とったぜルンルン\(^^)/ まず、自賠責保険をかけないといけない・・・らしい。えっ、それって何のために…

wa80100 / 1892 view

コンビニで簡単手続き!自賠責保険チェックポイント5つ

ドライブ、ツーリングがお好きな皆さん、 春から車やバイクを持ち始める皆さん、自賠責保険の加入は終わりましたか…

じぇんほ / 3206 view

もし交通事故を起こしたら!加害者に科される責任3つ

新聞やテレビで報道される交通事故のニュース。現代の車社会では交通事故の発生は日常的ともいえるのではないでしょ…

bacardi / 1858 view

3つの事例から見る示談前に知っておきたい交通事故の相場

示談ってすごく難しいイメージですよね。当事者同士が話し合う場合も、間に弁護士が入る場合もありますし。今回はそ…

新井 大輔 / 1879 view

大きく差が出る?交通事故後遺症等級の2つの認定方法

交通事故で後遺症が残ってしまった場合、どうやって後遺障害等級が認定されるのか?2つの認定方法を今回はご紹介し…

ubukata.m / 1569 view

通院日数の数え方は?事故の保険金申請で困らないポイント

交通事故などで保険金申請のやり方など、通院日数の計算の仕方をまとめています。

masac1015 / 13094 view

交通事故の慰謝料…結構大きい弁護士基準の差額3ポイント

もしもあなたが交通事故の被害者になってしまったら…場合によっては加害者から慰謝料を請求することができます。し…

kanokof / 2592 view

追突事故の慰謝料を正しく受け取るための最重要5項目

追突事故にあってしまったときに、慰謝料を正しく受け取る方法。その最重要事項をまとめました。

新井 大輔 / 4404 view

大阪で弁護士を探すなら知っておきたい3つのポイント

日常の中で弁護士と話す機会がある人は、ほとんどいないのではないでしょうか。 弁護士に依頼をする時、どのような…

honono / 1335 view

交通事故の示談成立後、後遺障害が出たときの5つの対処法

交通事故による後遺障害の認定を受ける時、例え非該当の認定になってしまったとしても、納得が行かない場合は決して…

★ホーリー★ / 2373 view

関連するキーワード